100年以上生息が不明だったゾウガメの一種、ガラパゴス諸島で発見

ざっくり言うと

  • ガラパゴス諸島のフェルナンディナ島で17日、ゾウガメの一種が発見された
  • 1906年を最後に、100年以上も生息が確認されていなかったという
  • フェルナンディナゾウガメと呼ばれ、雌の成体で100歳以上とみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング