東南アジアで新種の生物157種発見 すでに個体数減少や絶滅の危機

ざっくり言うと

  • 世界自然保護基金は新種の生物157種が、東南アジアで見つかったと発表した
  • 未発見の種は気候変動や密猟、違法取引により絶滅する恐れがあると専門家
  • 今回報告された新種の多くも、固体数の減少や絶滅の危機に瀕している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング