死刑か無期懲役か…千葉県の女児殺害事件に向き合う裁判員の苦悩

ざっくり言うと

  • 千葉県松戸市で2017年に起きた、小学3年の女児殺害事件の裁判員裁判
  • 裁判員は計画性の有無などを慎重に検討し、被告には無期懲役が言い渡された
  • 極刑を望む遺族に、「感情に流されそうになった」と苦悩を告白した裁判員も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング