養母から15億円相続した芸人・前田けゑ

写真拡大 (全2枚)

 血縁関係のない養母から15億円を相続したという、なんともレアな経歴で話題のカスタネット芸人・前田けゑ(33才)。いったい、どんな経緯で大金を手にしたのだろうか? 本人に話を訊いた。

──15億円という遺産を相続したということですが、どういった経緯だったんでしょうか?

前田:母方のおばあちゃんは大阪に住んでるんですけど、すごく友達が多くて、小さい頃からよくぼくを連れていろんなお友達とご飯を食べに行ったりしてたんですよ。で、ある日、「名古屋の知り合いがいるから会ってみない?」っていう感じで紹介されて、よく知らないおばあちゃんの友達とご飯を食べることもよくあったから、「うんわかった」って気軽にOKしたら、すごく気に入られちゃいまして。で、その人は女性で名古屋の地主さんだったんですけど、なぜだか養子になってほしいって言われるようになったんです。

──すぐ養子になったんですか?

前田:いや、当時ぼくは売れないミュージシャンだったから「絶対に無理です」って一回断りました。その後も名古屋に行って挨拶くらいはしていたんですが、色々考えてみたら、今の自分は全然人のためになってないなって思って、それに「あんなに養子になってほしいって頼んでいるのに断るのは酷いんじゃないか?」って考えたら、OKしたほうがいいのかなって思うようになったんです。

 でも、「名古屋に住むのは嫌だな」とか「芸能活動も続けて行きたいし…」と思ってたので、名古屋のおばあちゃんに話をしてみたら、「好きなことをやっていいよ、月に1回名古屋に来てくれればいいんだよ。あとは、お墓を守ってくれれば問題ないよ」って言うんですよ。なるほど、月1で名古屋に通えばいいのかっていうことで25才のときに養子になる決断をしました。後日、母親に相談したら怒られましたね。でも、ぼくが「決めたら絶対」という性格ということも母親はわかっているので、許してくれました。

 * * *
 そんな“名古屋のおばあちゃん”は2012年に他界。前田けゑはマンション2棟などの不動産を中心とした総資産15億円を相続することとなるのだが、1か月以内に相続税5億円を一括で支払わなければならなくなるなど、相続の大変さを体験した。

 そして15億円を相続した前田は現在、芸人として活動すると同時に、自らが取締役となって会社を設立。バーを経営したり、イベント事業を手がけたりなど、幅広いビジネスを展開している。

──15億円の遺産を相続するわけですが、生活はどう変わりましたか?

前田:とりあえず家ですね。家賃40万円のタワーマンションに引っ越しました。このマンションは、ぼくが会社を設立する時に、来客をちゃんとした場所でもてなしたいっていう気持ちで借りたんですよ。あと、単純にそういうマンションに住んでみたいっていうのもありましたけど、やっぱりセキュリティーがしっかりしてるっていうのも重要です。

 相続でゴタゴタしていたとき、名古屋のおばあちゃんの本宅に泥棒が入って、宝石なんかを盗まれたんですよ。とにかく名古屋の本宅は広くって、どこに高価なものがあるのかぼくも知らなくて、泥棒に入られて初めて「ここにこんな高いものが眠ってたのか!」ってなりましたけどね(笑い)。そういうこともあったので、セキュリティーがしっかりしているタワーマンションを選んだということです。

──それにしても若くして15億円を相続し、さらに会社を経営するというのは、なかなか貴重な体験ですよね。

前田:確かにそうなんです。なので、ぼくが今一番伝えたいのは「相続は大変だよ」ってことですね。高齢化社会だし、遺産相続でトラブルになる人も多いと思うんですよ。ぼくは若いうちに相続の大変さを知ったので、今後それをメディアで伝えていく義務があるんじゃないかと思っています。生前からいろいろやっておいたほうがいいよとか、そういうことを芸人活動の中で、わかりやすく伝えていけたらいいですね。あと「相続診断士」っていう資格を取得したので、相続関連のコメンテーターみたいな路線もできたらいいなとも思います。

【前田けゑ(まえだ・けえ)】
1982年、大阪府生まれ。タレント活動のほか、カスタネットを使ったパフォーマンス、イベントMC、不動産経営、BAR経営などマルチに活動。“赤の他人”から遺産15億円を相続したことで話題に。