これは「氷山の一角」に過ぎない2020年1月20日、日本の電機メーカー大手の三菱電機が大規模サイバー攻撃を受けていたことが判明した。朝日新聞が報じたところでは、国内外の多数のパソコンやサーバーが不正にアクセスされ、「自社の情報に加え、防衛省、環境省、内閣府、原子力規制委員会、資源エネルギー庁など10を超える官公庁や政府機関、電力、通信、JR・私鉄、自動車の大手を中心に少なくとも数十社の国内外の民間企業に関す