近年、テレビCMや企業SNSを中心に“自虐キャンペーン”を展開する企業が相次いでおり、ある種のトレンドとなっている。そんな中、今夏から放送されているミクシィのXFLAGスマホアプリゲーム『モンスターストライク(モンスト)』のCMが、「モンストがとんでもない自虐に走った!」と話題となっている。自社の弱点を自らがさらしてしまうことのリスクもあるが、なぜ『モンスト』も“自虐CM”を打ち出したのだろうか?【写真】成田