学歴・収入によって朝食の欠食率は異なる 生産性や健康に影響プレジデントオンライン

学歴・収入によって朝食の欠食率は異なる 生産性や健康に影響

ざっくり言うと

  • 妊娠・出産経験のない20〜30代女性の「朝食欠食率」について紹介している
  • 4大卒で世帯年収が高くなるにつれて朝食を摂っている女性が多いことが判明
  • 午前中の活動における生産性や健康を意識し朝食を重要視しているとの見方も

ランキング