スマホの普及で、「写真を撮る」ということは、「画面で実際の映りを確認しながら撮る」というスタイルになった。このスタイルは、今やデジタルカメラ、デジタル一眼レフカメラでも同じだ。人物撮影をする場合、撮影者は、・ファインダー・背面ディスプレイ(ライブビュー)で、今どんな風に写っているのかを確認して撮っている。ところが、撮影される側=被写体の人は、どうだろう?写真を撮られた後、スマホやカメラの画像の確認