パイロットと管制官のやり取りは英語も 「YES」や「NO」は使わない

ざっくり言うと

  • パイロットと航空管制官のやり取りは原則「英語」が用いられているという
  • だが学校で習う一般的な英語とは異なっており、少々ユニークなものだそう
  • 「YES」のときはAffirmで、「NO」はNegativeという言葉を用いるとのこと
  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • グルメ
  • 女子
  • トレンド