「マスク依存症」が増加 コミュニケーション効果の半分が失われる弊害も

ざっくり言うと

  • 「マスク依存症」の人が増加傾向にあるようだと臨床心理士が綴っている
  • 口元が隠れることで、通常のコミュニケーション効果の半分が失われる弊害も
  • 親しみやすさが減り、人間関係を築く上でマイナスとなる可能性があるという
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。