かつて日本では血が売られていた!?現在の献血制度の歴史をたどる

写真拡大 (全3枚)

輸血・献血・売血

皆さんは血液銀行をご存じでしょうか? 現代の献血体制の前身となったものです。その設立までの経緯と、現代につながる歴史を追ってみましょう。

日本で輸血が行われるようになったのは1919年、わずか100年前の出来事でした。

実は1930年に狙撃された浜口雄幸首相や、二・二六事件で襲撃を受けた鈴木貫太郎は、輸血によって一命を取り留めています。特に浜口首相の事件は、献血が人々に知れ渡る大きなきっかけとなりました。

浜口雄幸(Wikipediaより)

初めの頃の輸血は、血液の提供者から患者の体内に直接血液を送るという方法でした。しかし梅毒の感染事故が起きてしまい、安全面で問題視されるようになります。

そこで1952年に、安全な保存血液の製造など、血液関連の事業を全般的に行う組織が、厚生省が主体となって作られました。それが日本赤十字社の東京血液銀行です。

現代の献血検診車による献血街頭活動 (兵庫県神戸市須磨区、名谷駅前・Wikipediaより)

東京血液銀行は、現在の赤十字血液センターの前身でもあります。またこの頃、民間の血液銀行も設立され、こちらでは血液をお金で買い取る売血が行われていました。

当時の日本は不況真っ只中で、多くの人は、血液を提供しても一銭にもならない赤十字の血液銀行よりも、血液を買い取ってくれる血液銀行の方へ行くようになります。

このため、赤十字社の血液銀行では、血液の安定した供給が難しくなってしまいました。

赤十字血液センターの誕生

それでも民間の血液銀行に血液が供給されているのだから大丈夫だろうと思ってしまいますが、こちらにも大きな問題がありました。

民間の血液銀行で売血する人の中には生活困窮者が多くいて、中にはひと月に何度も血を売る人もいました(現在は一度献血すると2〜4週間経たないと次の献血はできません)。

献血と献血の間は、適切な期間を空けないと、血液提供者の体調に悪影響を及ぼします。また赤血球が回復しないうちにまた献血してしまうことになるので、血液そのものの質が悪くなるのです。

質の悪い血液で輸血をすると、患者も肝炎などの重篤な副作用を引き起こすことがあります。こうした健康面・安全面での問題や、そもそも血を売るという行為の倫理面での問題も問われるようになり、政府は急いで血液事業に関する体制を整えていきました。

こうして開設されたのが赤十字血液センターで、これに伴って民間の血液銀行もどんどん減っていきました。最終的に、1990年には日本では売血は完全になくなります。

今でも、年配の人の中には献血に対してあまりいいイメージを持っていない人もいますが、実はこうした歴史的な経緯があったのです。

日本赤十字社は、その後も保存血液の安全性向上や、血液凝固因子製剤の製造、骨髄バンクとの協力事業を行うなど、精力的な事業展開を行っています。

参考資料
ブルーバックス - 講談社
公益財団法人献血供給事業団
日本赤十字社