家にある使わなくなったものをリサイクルショップへ持ち込む人が増えている

写真拡大

 年末の大掃除シーズンになると利用が増え、そのやりとりの様子が夕方のニュース番組などでしばしば特集されるリサイクルショップだが、今年は春から買取希望客で賑わっている。例年と異なる買取希望の殺到に戸惑うリサイクルショップ側の本音について、ライターの森鷹久氏がリポートする。

【写真】ブランド財布の買取価格も低下傾向

 * * *
 コロナ禍でリサイクルショップに客が殺到──テレビのワイドショーなどで、最近よく見る「見出し」である。コロナ禍で外出が減り断捨離をする人が増えた、という理由でリサイクルショップを訪れる客が多い、など「確かにな」という説明がなされる。まるで賢い庶民の錬金術のような雰囲気で報じられているが、「売り手が多い」と買値は下がるため「より多くを安く仕入れられる」という業者側からの視点に立った解説がなされることはないのは「暗黙の了解」なのか。

 予想外の買取額を業者から提示された客が、ホクホク顔で現金を受け取って帰る、というところまで放送されると、お茶の間では「おい母さん、いらないバッグとか指輪、なかったかな?」なんて声が聞こえてきそうでもある。都内の中古ブランド品ショップで働く森本容子さん(40代)は、コロナ禍で確かに客は増えた、と次のように説明する。

「私たちの商売は、世の中が不景気な時ほど安く買い、景気が上向いた時に高値で売り抜ける、というもの。最近、売りに来られるお客様については実際、断捨離という理由より、生活に困ってという人の利用が一番多いのが現実。コロナ以前と今では、買取価格は下がっているにも関わらず買取が減らないのは、景気が悪い状態が続いている証拠」(森本さん)

 しかし、増え続ける在庫を見つめ、森本さんは懸念も示す。

「安く在庫が仕入れられるのは良いことですが、このまま吐き出す機会が来るのか、景気が上向きになるのはいつか、ということです。このまま景気がもっと悪くなれば在庫品は売れず、不良在庫になる。例えばコロナ禍になって、新幹線の回数券を大量に売りに来るお客さんがいましたが、買取を拒否しました。普段なら黙っていても売れるのですが、新幹線に乗る人がほとんどおらず、全く売れない。在庫の回数券だって、かなり格安の値段でも売れなかったんです」(森本さん)

 こうした商売は、需要と供給のバランスが、ある一定の枠組みから出ない中で動いている限りは成り立つ。また、供給が極端に少なくなったり、過度な需要が発生すれば、いわゆる「転売ヤー」といった卑怯な連中がゾロゾロと姿を見せ始める。ただし「需要がゼロになる」という事態は、想定されてこなかったのである。

 千葉県某市内の質店店長・佐々岡章仁さん(50代・仮名)も、増え続ける店の在庫を前に森本さんと同様の懸念を表明するものの、もっと達観的な見方だ。

「コロナ禍で、人は『本質』を好むようになったと思います。もっと言えば『無駄』を嫌うようになったとも。特にブランド品、高級時計など、生活に必要か?持っていれば幸せになれるか?と考える人が増えた気もします」(佐々岡さん) 例えば佐々岡さんの店には、今も若い女性客などがひっきりなしに訪れるが、話をしているうちに買う気が失せてしまう客が増えたような気がしている。そんな時、客が「本質」について考えているのではないかと思うのだという。

「外出する機会もないから所持しているブランド品を売りに来た、という人たちも大勢いらっしゃいます。お金には困っていないが、いざという時のためにブランド品を現金化しに訪れる方もいます。買取価格は下がる一方で、販売価格も次第に下げて行かないとパンクするでしょうし」(佐々岡さん)

「後には必ず好景気が来る」という一般的な経済の見通しとは、違っているかもしれない疑いが強いコロナ禍の不景気。人々の意識や価値観が変わったことで、社会に必要とされなくなってしまった職業、価値が見出されなくなった職業の淘汰が始まろうとしているのか。