ジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 芸能活動自粛中だったNEWSの手越祐也(32)が19日、同日付で事務所と専属契約を終了し退所することをジャニーズ事務所が発表。突然のことにテレビ関係者やファンらは困惑を隠せないでいる。なかでも驚いているのが日テレ関係者だ。

手越祐也の明るい未来 ジャニーズ退社の“賭け”に2つの勝機

「ジャニーズから何の連絡もなくいきなりの退所発表です。『世界の果てまでイッテQ!』の正式降板を発表する前に退所が表沙汰になってしまった。日テレは顔に泥を塗られたに等しい。上層部もジャニーズの仕切りの悪さに呆れていますね」

 そもそも手越が周囲のアドバイスに耳を貸すことなく、付き合いのあったテレビ局にまで不義理をし、半ば強引に退所に踏み切った理由は何か。それは「芸能界には二度と戻らないという決意表明」でもあるという。すでに手越は自分の今後について近々記者会見を開くことをツイッターで予告していたが、22日に同会見を23日夜に開くと発表、「質疑応答もあるので、時間の許す限り包み隠さずにお答えするつもりです」などとツイートした。

「コロナ禍で芸能活動自粛の発端となった飲み会で築いたタニマチ人脈を生かし、商売を始める腹づもりのようです。手越はよく『ジャニーズはギャラが安い』と愚痴を漏らしていたが、前々から起業に興味を持っていた。こうしたタニマチにスポンサーになってもらいPRやインフルエンサーの派遣や育成、ネット通販や化粧品、ファッション開発などの会社を立ち上げるそうです」(芸能プロ関係者)

 当然、多くのファンや業界関係者が口にするのは「本当に大丈夫なの?」「無計画すぎる」などの声。しかし手越はそこにしっかりと保険をかけていた。

■ゲーム業界に活路&「eスポーツ」人脈

「手越は確かに一見してチャラいイメージがありますが実際は違うんです。地頭がよく完璧なビジネスマンですからね。趣味と実益を兼ねて一方でeスポーツにも人脈を広げていたんです」(テレビ局関係者)

 今年2月、手越はCyberZ社が運営するゲーム配信プラットフォーム「OPENREC(オープンレック).tv」の公式アンバサダーに就任しているのだ。今回、晴れてジャニーズの縛りがなくなった手越を巡っては、大手ゲームメーカーや芸能プロダクションが抱えるeスポーツチームが早くも獲得に動いているという。

「あまり知られていませんがテレビ局は日テレ、芸能プロでは吉本興業、スターダスト、松竹芸能などが自前の選手を抱え多くの大会に参戦しています。残念ながらどのチームも大幅な黒字にはなっていない。だが手越が監督や顧問になれば観客動員数は大幅にアップする。黒字収益化が実現できるわけです」(関係者)

 すでに手越が開設したツイッターのフォロワー数は68万人を突破。一部ファンから“手越ロス”を嘆く声が殺到し早くも100万人超えに到達する勢いだという。

 eスポーツ関係者からオファーが殺到する手越。独立というサイの目はどこに転がるのか、23日夜に記者会見に注目だ。