列車のつり革の形状に関するアンケートを実施。好きな形は丸(○)が約4割、三角(△)が約6割でした。「いろいろな持ち方ができる」「握りやすい」といった理由のほかにも、さまざまな「好きな理由」が寄せられています。

つり革「丸派」は約4割

「乗りものニュース」では2020年1月10日(金)から13日(月・祝)にかけて、列車のつり革の形状に関するアンケートを実施。564人から回答が集まりました。


列車内に設置されているつり革(画像:写真AC)。

「つり革を持つとしたら、形は丸(○)と三角(△)のどちらが好きですか?」との質問では、丸(○)が38.7%、三角(△)が61.3%という結果に。丸(○)を選んだ人の理由(複数回答)は次のとおりです。

・握りやすい:49.5%
・安定感がある:15.1%
・いろいろな持ち方ができる:51.4%

「その他」22.5%では、「回転させて、前の人が持った所と違う所を持てるから」(35〜39歳、女性)という旨の回答が多くあったほか、「慣れている(西日本民)」(25〜29歳、男性)、「腕をつり革に通す持ち方が好きでやりやすいから」(20〜24歳、男性)、「△は頭に当たると痛い」(35〜39歳、男性)といった意見も寄せられました。

つり革「三角派」の好きな理由は?

 一方の三角(△)を選んだ人の理由(複数回答)は、次のとおりです。

・握りやすい:85.0%
・安定感がある:50.3%
・いろいろな持ち方ができる:15.9%

「その他」(4.9%)では、「都会の感覚がある」(35〜39歳、男性)、「ねじれにくいので姿勢が安定する」(35〜39歳、男性)、「握ってる部分が動いたりしないので安全かと思う」(20〜24歳、男性)、「持ってて痛くない」(35〜39歳、男性)などの回答がありました。

 なお、「列車内で立っているとき、つり革を持つことがありますか?」という質問では、「ある」が97.3%、「ない」が2.7%でした。

●アンケート実施概要
・調査期間:2020年1月10日(金)20時ごろから1月13日(月・祝)20時ごろまで
・調査方法:Questantのシステムを利用して調査
・対象:「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)のフォロワーなど
・有効回答数:564