「書面に捺印」など自動化するロボット、デンソーウェーブら3社が開発
デンソーウェーブと日立キャピタル・日立システムズの3社は、「書面への捺印」などの業務をロボットで自動化するソリューション「RPA&COBOTTA」を開発しました。2019年12月18日〜21日に東京ビッグサイトで開催される「2019国際ロボット展」に出展します。

「RPA&COBOTTA」は、書面に捺印し、その書面を電子化する一連の業務を自動化することが可能です。

発表によると、RPAの導入領域はオフィス業務の中でもパソコン操作やシステム上のオートメーション化が中心で、人的作業が発生する業務での導入は見送られるケースが発生しているといいます。

こうしたなかで3社は、人協働ロボット「COBOTTA」による人的作業代行とRPAによるデジタル作業の自動化を組み合わせたソリューションを開発。契約書への捺印と書面の電子化を「COBOTTA」が行うことにより、オフィス業務の自動化と働き方改革の推進をサポートするとしています。

また、法人のニーズに応じて、今後もRPAと「COBOTTA」を組み合わせた様々なシステムのバリエーションを用意するとしています。