テキサス州のアパート内に米海軍退役兵士の遺体 死後3年が経過か

ざっくり言うと

  • 米テキサス州で10日、米海軍退役兵士の遺体がアパート内で見つかった
  • 死後3年とみられ、2016年に転居してから数週間後に死去した可能性がある
  • 遺族は糖尿病を患っていたことを証言しており、検視当局が死因を調べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x