ハロウィーン本番直前の週末となった10月26日(土)の夜、東京・渋谷駅周辺の繁華街には今年もたくさんのコスプレ姿の若者が集まった。

【写真】タピオカコスプレでモテまくりの男性

「昨年は暴徒と化した若者が軽トラックを横倒しにするという事件もあったので、今年、警視庁は機動隊をはじめ数百人体勢で警戒にあたっている。渋谷区も200人の民間警備員を配置。期間中の路上飲酒を条例で禁じたこともあり、若者が比較的大人しく、ルールを守っている」(社会部記者)


警戒にあたる警察官 ©文藝春秋

 大人たちの努力の甲斐あってか、我が物顔で歩く若者たちが手に持っているのは、アルコールではなく今年大流行したタピオカドリンクだった。

「コスプレにタピオカドリンクがインスタ映えするから買いました。この姿で飲んでいたらカワイイかなって」(『魔女の宅急便』のキキの恰好をした10代女性・大学生)

 女性だけでなく、男性たちもタピオカを手に歩いている。

「お酒が禁止だからタピオカ飲むしかないでしょ。女の子にもタピオカをきっかけにして話しかけられるし、これはこれでアリ」(20代男性・会社員)

 毎年、ハロウィーンの渋谷では多くの若者たちが酒を片手にナンパ行為に明け暮れているが、”草食系男子”も多い現在では、タピオカが出会いのツールとなっているようだ。人気タピオカ店の店員によると、「今日は普段の1.5倍の来客があった」という。

 中には、タピオカドリンクそのもののコスプレをする若者もいた。

「写真もお願いされる率が高いし、連絡先もゲットできる」

「今年はタピオカ流行ってたし。女の子にモテるために、このコスプレにしているに決まってるでしょう!」(30代男性・ユーチューバー)

「タピオカコスプレ効果、ヤバいです。女の子にめちゃくちゃ話しかけられる。写真もお願いされる率が高いし、写真をLINEで送ってもらって連絡先もゲットできる。凝ったコスプレよりも楽だし、このコスプレにして大正解」(20代男性・大学生)

 酒のかわりにタピオカドリンクで乾杯する外国人の姿もあった。

 だが午前0時過ぎ、やはり出てきたルールを守らない一部の若者たち。路上に座りこむ5人組の男女は、手に缶酎ハイを持っている。

「え? (路上飲酒が)禁止なんですか? 販売だけが禁止されていると思っていました。酒は地元の駅で買ってきました」(20代男性)

 男性陣が酒を準備し、女性グループに声をかけたところ、ナンパは成功。すんなり乾杯することになったという。だが、ノンアルコールで我慢する周囲の空気を察してか、バカ騒ぎをすることもなく、30分ほどで退散していった。

 昨年に比べれば、平穏なハロウィーンになりそうだ。

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)