小林幸子が網膜剥離で緊急手術したと明かす「もう少し遅ければ失明」

ざっくり言うと

  • 小林幸子が9月24日に右目の網膜剥離の手術を受けていたことを明かした
  • 9月中旬から飛蚊症のような症状があり、24日に何も見えなくなったそう
  • 医師からは「もう少し遅ければ失明するところだった」と指摘されたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x