ゴーヤの驚くべき効果効能

写真拡大 (全3枚)

 今回はゴーヤについて書いていきたいと思います。

ゴーヤの旬

ゴーヤの旬は6〜8月の夏ど真ん中です。

ゴーヤは沖縄など暑い地域では5月ごろから出始めますが、やはり美味しい旬の時期は真夏です。旬の夏のゴーヤは栄養価が高いのも特徴です。

ゴーヤは東インドや東南アジアが原産地で、江戸時代くらいに沖縄に渡来したとされています。

ゴーヤは沖縄では古くから食され、最近では県外にも沖縄の食文化が伝わり、多くの地域で食されています。夏が旬の定番の野菜になりつつあります。

・今すぐ読みたい→
捨てる前に知りたかった!栄養豊富なアボカドの種、とっておきの活用方法 https://cocokara-next.com/fitness/seed-of-nutrient-rich-avocado/

ゴーヤの栄養・効果


・ビタミンC
風邪の原因となる細菌は、体内で白血球により退治されます。ビタミンCは、この白血球をより活性化させる働きをもっているため、ビタミンCは風邪対策に効果的だと言われています。

ビタミンCは熱に弱いため、ゴーヤのビタミンCをしっかり摂取するのであれば、加熱調理なしでサラダなどにして食べるのがおすすめです。

・ビタミンB
ビタミンBはB1・B2の2種類があります。両方のビタミン共に、糖や脂肪のエネルギー変換に必要となる栄養素です。

ビタミンB1・B2を多く摂取することで効率的にエネルギーが生み出され、疲れ予防が期待できます。

また、余った糖や脂肪は肥満の原因になります。エネルギーに効率よく変換されることでダイエット効果も期待できるのです。

・カルシウム
カルシウムは骨や歯を作る際の必須栄養素として知られています。しかしそれだけではなく、カルシウムは血中にも存在しています。

血中のカルシウムをカルシウムイオンと言います。このカルシウムイオンが精神安定剤としての役割をしています。カルシウムイオンは日々使用されており、毎日カルシウムを摂取する必要があります。

・葉酸
葉酸は、赤血球を作り出すときのサポートをする役割があります。葉酸をしっかりと摂取することで赤血球が正常に生成され、貧血対策に効果的です。

・カリウム
カリウムは細胞の浸透圧をナトリウムとともに維持・調整する働きがあり、体内に溜まった余計な水分・塩分の排出を促してくれます。むくみが気になる場合は、併せて塩分の高いものを控えるようにすると良いでしょう。

・鉄分
鉄分は血中で酸素を運搬するヘモグロビンを作るための必須栄養素です。鉄分を多く摂ることで身体中に酸素を送り、疲れ予防効果が期待できます。

また、鉄分は血を作ることに関係する栄養素です。鉄を摂ると血流量が増えるので、体の末端まで栄養素を送り届けることができ、冷え性や貧血の改善効果も期待できます。

・不溶性食物繊維
不溶性食物繊維には腸のぜん動運動を促す効果が認められており、腸内を刺激することにより腸に溜まった便を押し出すよう促してくれます。また、食物繊維は腸内にいる善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす効果も期待できるため、腸内環境を整えるのに良いです。

便秘でお悩みの方には、見逃せない成分ですね。

・モモルデシン
ゴーヤの苦み成分モモルデシンには、胃を刺激することにより胃液の分泌を促す作用があります。胃液によって食べ物の消化が進めば、食欲増進効果が期待できます。暑くなって食欲がなくなってしまうときには、ありがたいですね。

ゴーヤの食べ過ぎには注意!

ゴーヤは、ニガウリとも言って、その苦味が特徴的な南方の野菜です。

水分も多く、体を冷やす効果があることから、沖縄などあたたかい気候で暮らす人にはうってつけの食材になっています。

・ゴーヤの苦味とは?
食べると苦い、辛い、酸っぱい、えぐいなど体に刺激を与える食材は、食べ過ぎると毒となります。もともとその刺激のもとは、毒を含んでいるからです。

もちろん、ゴーヤの苦味成分も毒になり、人によっては食べ過ぎることで胃痛や腹痛、下痢を起こすと言われています。

一方で、毒というのは、少量であれば体調を良くする働きが現れます。(良薬口に苦し)

・ゴーヤの苦み成分の正体は?
ゴーヤの苦味成分(毒)は胃に良いと言われます。

胃に良いというのは、2通りがあります。

胃の働きを活発にして消化液を出し、食べ過ぎによる胃もたれなどを緩和する。

ストレスなどで傷ついた胃粘膜を保護、補修するプロテクト効果を狙う。

ゴーヤは,慮果があり、胃酸が活発に出て消化を助けます。一方で、胃酸の出過ぎは胃粘膜を攻撃し、胃痛を引き起こします。

・ゴーヤの1日の摂取量の目安は?
多くの食材に1日の摂取目安量が存在しますが、ゴーヤには推奨されている摂取量がありません。

それどころか、栄養価が高い/夏バテに最適など、良い面ばかりが取り上げられるため、食べ過ぎてしまう人も多いと思います。

そのためゴーヤの摂取量は適量でということになるのですが、その適量というのは決まったものではありません。

苦み成分(毒)の許容量に個人差があるため、あくまで食べる人の体調によって違ってきます。

ゴーヤをたくさん食べて、体に不調を感じるようならそれは食べ過ぎです。自分の体の声をしっかり聞いて、食べ過ぎないようにしてください。

[文:meilong スタッフ]

「東京・恵比寿で美容鍼灸,鍼灸治療をお探しならmeilongへ(https://meilong.amebaownd.com/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
捨てる前に知りたかった!栄養豊富なアボカドの種、とっておきの活用方法 ​https://cocokara-next.com/fitness/seed-of-nutrient-rich-avocado/

meilong 院長・石川美絵(いしかわ・みえ)

大学では栄養学を学びテレビ局、IT企業、広告代理店などに勤務し、20代後半時の大きな人生の挫折から東洋医学の世界に出会う。鍼灸と漢方の奥深さに魅かれ鍼灸学校に入学し鍼灸師免許を取得。学生時代は40院の経営兼柔道整復師・鍼灸あん摩指圧マッサージ師でもある先生のアシスタントをし、国家資格取得後、北京中医薬大学卒でもある鍼灸30年の先生から技術を取得する。さらに美容鍼灸のパイオニアに師事し、世界で活躍する日本鍼灸の技術に刺激され研究を重ねる。さらに100件以上の治療院・クリニック・スパ・エステなどを周る。ホテル椿山荘の鍼灸治療施設「KENBITOKYO」、「東方健美」へ勤務した後、四谷に紹介制治療院Meilongを開業。
世に鍼灸を広めたくmeilong恵比寿院をオープン!