電撃和解はあるのか(写真/時事通信社)

写真拡大

ここ最近、貴乃花光司(46才)はメディアを通し、家族へ秋波をたびたび送っている。

【写真】サングラスをかけた景子さんのセレブ姿

《素直になろうと思いました。今までできなかったことをしていきたい》(3月20日放送『ザ・発言X』〈日本テレビ系〉)
《時間をかけて…と思うんですよね。これからゆっくり考えようって》(4月4日放送『直撃!シンソウ坂上』〈フジテレビ系〉)

 いずれも家族について話が及んだ際に出てきた言葉だ。貴乃花と兄・花田虎上(48才)の不仲の発端は、1998年まで遡る。当時、整体師による“洗脳”騒動の渦中にあった貴乃花が「若乃花の相撲は基本がなっていない。もう話す必要はない」と兄を批判し、険悪に。

「2005年に2人の実父である二子山親方(享年55)が亡くなった時に遺骨の管理や遺産相続でさらに対立し、修復不可能になりました。その後、貴乃花さんは母親の藤田紀子さん(71才)とも断絶しています」(スポーツ紙記者)

 それがここに来て、急速に雪解けムードとなっている。

「親方廃業、離婚、息子との確執…ひとりになって心境が変わったのでしょう。“失った時間を取り戻し、もう一度家族になりたい”と周囲に明かしているそう。ただ、これまでの確執もあり、貴乃花さんは家族の連絡先を知りません」(テレビ局関係者)

 そこに助け船を出した強力な支援者がいるという。

「日本テレビのプロデューサー・Aさんです。貴乃花さんからの信頼が厚く、公私にわたりさまざまな相談に乗り、親子和解の“秘策”を提案したそうです」(芸能関係者)

 それが「和解特番」。昨年11月から進行しているという。

「GW後に放送される『行列のできる法律相談所』の2時間スペシャルで、3人の共演を考えているのです。法律番組を謳っているので、おもしろおかしく3人の騒動を振り返るのかもしれませんね」(前出・テレビ局関係者)

 

だが、突然の接近に兄は動揺を隠せない。虎上はその心境を、3月31日放送の『上沼・高田のクギズケ! 放送400回SP』(読売テレビ)で、《正直、今までいろいろなことがあったので、慎重に行動しないといけないなって自分自身も思っているんですけど、信じてあげたいんだけども怖いっていうのが私の気持ちですね》と吐露している。

「紀子さんは共演を望んでいるそうですが、虎上さんは今も悩んでいるみたいです」(前出・テレビ局関係者)

 和解条件やスケジュールなど調整がつかなかった場合、別の番組での放送も視野に入れているという。

「夏に放送される『24時間テレビ』です。今年は仲間や絆がテーマになる予定で、家族の和解の話と相性がいい。また、日本武道館が工事中のため、今年の会場は相撲の聖地、両国国技館になる。まさにうってつけです」(前出・芸能関係者)

 日本テレビに「和解特番」について質問すると「今後のことについて、うちからコメントすることはありません」と回答があった。

 愛は家族を救うか。

※女性セブン2019年4月25日号