決勝では延長戦の末に韓国に敗れた。スコアは僅差だったが、内容的には韓国が圧倒していた。写真:早草紀子

写真拡大 (全3枚)

 アジア大会の男子サッカー決勝は、注目の日韓戦となったけど延長戦の末に、2対1で韓国に軍配が上がったね。日本は2大会ぶりの優勝には届かなかった。
 
 延長戦に突入したという結果だけを取り上げれば、“惜しくも”敗れたという見方になるのかもしれないけど、実際に試合を観た人なら韓国が勝つべくして勝った試合だと思うだろうね。シュート数を見ても、韓国は日本の倍以上の数を放っているし、局面での球際の強さ、奪ってからのパス回しの速さや攻撃の迫力という面でも、日本を上回っていたのは疑いようのない事実だ。

 
 実際に、森保監督の試合後のコメントを聞いても、球際やハードワークというベースの部分からもっとやらなければ、という話があった。0対2からセットプレーで1点を返したとはいえ、完全に力負けした内容だった。
 
 しかし、この結果が日本サッカーと韓国サッカーの実力の差をそのまま表わしているわけじゃない。今回戦ったチームの間に大きな差があったのはある意味当然で、それはこの大会に懸ける意気込みやメダルを獲るためのチーム編成、あるいはそのためのベストな準備といった部分での両国の組織の差、つまりサッカー協会のパフォーマンスの差が明暗を分けたと思うんだ。
 
 知っての通り、韓国はトッテナムに所属するソン・フンミンやガンバに所属するファン・ウィジョ、ワールドカップでも活躍した大邱FCのGKチョ・ヒョヌと、オーバーエイジも3人採用したうえで、U-23代表で編成したチーム。2年後の東京五輪を見据えてU-21代表で臨んでいる日本とは大きく事情が異なっている。
 
 しかも、日本はメンバーを選出する段階で「国内チームから1名ずつ」とか「残留を争っているチームの主力は選ばない」とか、いろいろと条件が付けられていた。五輪を見据えてU-21で臨むのは良いとして、それ以外にもいろんな条件を付けたメンバーでは、とてもじゃないがベストな人選などできないだろう。正直、その時点で敗因をピッチの中や監督の采配には求められない。
 
 森保監督が自分の選んだ素材(選手)で調理するコックだとすれば、協会はその素材をしっかり提供できるようサポートする立場。それができないようでは、とてもじゃないけど、プロの仕事とは言えないんじゃないかな。
 
 ハッキリ言って、今回の大会を通じて、両国の代表強化に対する“意識”の差はかなり明確なものになったと思うよ。協会だけじゃない。JリーグとKリーグの差も露わになった。
 
 Jリーグはシーズン中の自分たちの興行を優先して、森保監督の選考に100%の協力はしなかったけど、Kリーグは文句を言わずに選手を出したそうだ。Jリーグも、元々の理念としては日本代表を強くするために立ち上げたはずなんだけど、どうやら25年経って、その理念はどこかに置き去りにされているようだ。
 
 もちろん、クラブからすればシーズン中に選手を取られる訳だから、チームの痛手になるというのは分かるけど、代表活動によって選手が強化されれば、それはクラブにとってもプラスになることなんじゃないかな。そう考えられなければ、それは選手にとっても不憫なことだよ。
 
 あるいは、韓国がそれだけ代表に協力的なのは兵役免除の問題があるからだ、という見方もあるかもしれない。だが、確かにそうした事実もあるにせよ、昨年はE-1選手権で、あの体たらくで1-4と完敗しているんだ。国内組の差をまざまざと見せつけられて、なんで「このままでは引き下がれない」とJリーグの意地を見せられないのか。
 
 韓国はU-23で、オーバーエイジもフルに使って、しかも海外のトッププレーヤーを出してくるという情報もあった。Jリーグはそれを知りながらも、最大限に協力することをしなかったわけだよね。そういうドメスティックな思考は、もう今に始まったことじゃないけど、そんなことを続けていては、まあ進歩はないでしょ。しかも、今回は地元開催の五輪に向けた強化の一環でもあるわけなのに……。