にちよう弁当 ?「里芋」をつかった作り置きおかず

写真拡大 (全7枚)



◆里芋のぬめりの正体は


里芋は、でんぷん、たんぱく質、食物繊維が主成分で、低カロリーなのが特徴です。里芋の独特のぬめりは、「ムチン」という成分からできており食物繊維の一種です。
ムチンには唾液の分泌をよくして消化を促すことから、胃や腸の粘膜を保護してくれたり、肝臓の働きを強めてくれる作用があります。また、「ガラクタン」という成分にはコレステロールを下げる働きもあるのです。
夏の疲れが出やすいこの季節、免疫力が低下しやすい秋にはぴったりな食材なんですよ。
里芋の栄養を丸ごといただいて、元気に新しい季節を迎えましょう。

◆【基本】胡麻味噌味のフライドさといも
【材料】(3人前・1日分)


・ 里芋 500g(6個程度)
・ 揚げ油 適量
[和え衣]
・ ごま 大さじ3
・ 味噌 大さじ1
・ 砂糖 大さじ1
・ みりん 小さじ1
・ 湯 大さじ1

【作り方】


【1】 里芋の皮をむき、1cm程度に輪切りする
【2】 180℃に熱した油で6分ほど軽くきつね色になるまで揚げる
【3】 ごまをすり鉢ですり(すりごまでも可)、和え衣の全ての材料を合わせる
【4】 【2】を【3】の中に入れ全体を和える

◆フライドさといもで【簡単アレンジレシピ1】
発酵食品同士は相性抜群!?胡麻味噌味のフライドさといもde鶏ねぎそぼろチーズ焼き?


余った胡麻味噌味のフライドさといもに、鶏そぼろとチーズをのせてトースターで焼くだけ!発酵食品同士の味噌とチーズの組み合わせは鉄板です。

【材料】(3人前)

・ 【基本】胡麻味噌味のフライドさといも 1人前
・ サラダ油 小さじ1
・ 鶏ひき肉 80g
・ ねぎ 3cm分
・ 醤油 小さじ1/2
・ とろけるチーズ 適量

【作り方】

【1】 フライパンに油を熱し、ねぎをいれ、鶏ひき肉をほぐしながら炒める
【2】 醤油を鍋肌から回しいれ、炒め、火を止める
【3】 耐熱皿をアルミホイルでつつみ、その中に【基本】胡麻味噌味のフライドさといもを2?3個入れ、【2】を上にのせる。さらにチーズをのせる
【4】 1200Wのオーブントースターで5分程度チーズがとろけるまで焼く
【5】  冷めたら耐熱皿からアルミホイルごと外し、お弁当に入れる

◆フライドさといもで【簡単アレンジレシピ2】
見た目もかわいいお弁当おかず?ひじきと里芋の和風ポテサラ茶巾?


電子レンジでつくるお手軽茶巾絞り。食物繊維やミネラル豊富なひじきがたっぷり入った里芋のポテトサラダ。ラップでキュキュッと結んだら、お弁当でも目をひくかわいいおかずの出来上がり。

【材料】(2つ分)

・ 【基本】胡麻味噌味のフライドさといも 1人前
・ ひじき 大さじ1
・ マヨネーズ 小さじ1

【作り方】

【1】 ひじきを水で戻して、水気を切る
【2】 深めの皿に【基本】胡麻味噌味のフライドさといもと、【1】のひじきを入れ、ラップをかけて、600Wの電子レンジで1分加熱する
【3】 フォークの背で里芋をざっくりとつぶし、マヨネーズを入れて和える
【4】 ラップをひろげ、【3】をのせたら茶巾絞りにする