小桧山厩舎所属の高野和馬(たかの かずま)騎手(20歳)

写真拡大

 ライブドアの堀江貴文社長が所有する競走馬「ホリエモン」が8日、大井競馬の第8レース・フォーチュネイトクロッカス特別に出走したが、13頭中8着と、悲願の初勝利はならなかった。

 ホリエモンはJRA所属で、今回が初めての地方交流戦。一時は単勝1番人気に躍り出るなど、注目を集めたが、これでデビュー以来5連敗を喫してしまった。鞍上の高野和馬騎手は、レース後「もうすこし馬が競馬を覚えてくれたら…」と肩を落としていた。