台風15号で被災した千葉県で、屋根の補修などで転落した事故が相次ぎ、少なくとも3人が死亡、101人が重軽傷を負ったことが18日、消防への取材で分かった。