三菱自動車が新たな経営体制を整えた。会長兼最高経営責任者(CEO)だった益子修氏が、提携先の日産自動車、仏ルノーとの連携強化に専念するためにCEO職を退任、インドネシア子会社社長を務めていた加藤隆雄氏が後任として就いた。安定した成長に向けて益子会長と加藤新CEOとの連携がカギを握る。「新時代に向けて、これまでの常識にとらわれない若いリーダーに任せていきたい」。株主総会で益子会長は新体制について