いじめられている人を助けたくてもなかなか行動に移せないという人がほとんどだろうが、このほどアメリカでいじめっ子から同級生を守った勇敢な少年がいた。しかしその数日後、いじめていた側の少年に銃で撃たれて亡くなるという痛ましい結果となってしまった。『UNILAD』『CBS News』などが伝えている。

米テキサス州で今月6日午後4時半頃、アーリントン高校に通う16歳のサミュエル・スコット・レイノルズさん(Samuel Scott Reynolds)が、自宅アパートの敷地内で15歳の少年に銃で撃たれて死亡した。現場に設置されていた監視カメラには、容疑者の少年が0.40口径の銃をサミュエルさんに向けて発砲する様子が捉えられていた。

警察は監視カメラをもとに銃を発砲した少年を即逮捕した。また事件に至ってしまった理由を「少年(サミュエル)の勇気が彼の人生を奪ってしまった」と述べ、容疑者とサミュエルさんは顔見知りであることを明かした。

実は事件の数日前、サミュエルさんは同級生がいじめられているのを見て助けに入ったという。そのことでいじめの加害者の15歳少年がサミュエルさんを恨んでいたものと思われ、数日後に少年は銃を手にしてサミュエルさんの自宅近くまで行き、彼を射殺したのだった。

サミュエルさんはすぐに病院へと運ばれたものの、到着した病院で死亡が確認された。

15歳少年が犯行に使った拳銃はまだ見つかっておらず、事件を捜査しているアーリントン警察のクリストファー・クック警察官(Christopher Cook)は「私達は地域の子供達が銃器類と接触し、それを手に入れて使用することに嘆いています」と明かしており、少年が銃を手に入れた経緯も捜査していくようだ。

少年は未成年ということから名前は公表されていないが、今月7日に少年裁判所の審判で殺人罪で起訴され、現在は少年拘置所で拘留されている。

一方で亡くなったサミュエルさんは高校のサッカーチームのメンバーで、友人達とビデオゲームを楽しんだり、湖でジェットスキーをするなど活発な少年だったようだ。

また死亡を告知する地元のウェブサイトには「サミュエル、あなたは私がこれまで会った中で一番思いやりがあって、いつも人の手助けをする人でした。誰かの悩みを聞いたり、ジョークを言って笑わせてくれたり、サミュエルはいつも誰かを助けるために、ここにいました」と、彼と親しかった人物からのメッセージが掲載されていた。画像は『UNILAD 2020年2月9日付「Texas Teen Shot And Killed For Defending Classmate From Bully Days Before, Police Say」(CBS DFW)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)