日本有数の別荘地として知られる長野県・軽井沢のなかでも、別荘密集地からさらに奥まった山里に、知る人ぞ知る閑静な高級別荘エリアがある。ここに、元フジテレビアナウンサーの“チノパン”こと千野志麻(36)夫妻の別荘が完成したのは、今年6月だった。
 
 大正時代からの邸宅や、一流芸能人の別荘が居並ぶなかでも、一際大きな1000坪に及ぶ敷地面積にたたずむのは、木造とコンクリートが融合したモダンな造りの二階建てだ。
 
「土地は一昨年に買っていたが、今年になって本格的に着工し完成したばかり。ここは軽井沢でも地価が高く、坪単価は13万円程度だから、土地だけで1億3000万円、建物も合わせれば2億円は下らないのではないか」(地元の不動産業者)
 
 さすが、元総理の孫で、年収5000万円超といわれるやり手の外資系金融マンを夫に持つ千野にふさわしい豪邸である。いま、千野の子供が通う名門幼稚園のママ友の間では、この別荘が話題の的だという。
 
「8月に友人が別荘に招待されたんです。お誕生日会を兼ねていたのか、子供たちもいてワイワイとやったみたいでした。別荘は新しく、モダンな和テイストですごくゴージャスだったそう。正直、呼ばれた人たちがうらやましかった」(ママ友のひとり)
 
 千野はいま、同じ幼稚園に双子の子供たちを通わせるママとして、忙しくもにぎやかな日々を過ごしているという。「別荘でのパーティの様子を聞いて、ようやくあの事故から立ち直れたのかなと思った」(同前)との声も聞こえてきた。
 
 千野といえば、今年1月2日、静岡県沼津市内のホテルの駐車場で、運転していた自動車で男性を轢き、死亡させる事故を起こしてしまったことが記憶に新しい。
 
「ふさぎこんだ千野はしばらく外出することもままならず、これまで面倒を見てくれていた芸能マネージャーからも離れ、完全に芸能界からも距離を置きました」(芸能記者)

 そんな千野を心配した夫が、別荘の完成を急いだともいわれる。しかし、その別荘が、ママ友のなかで同時に波紋も呼んでいた。
 
「軽井沢という場所は、事故の被害者の御自宅から近いんです。それだけの豪邸で話題にものぼるだろうし、事故から半年で、まだ喪が明ける前とあって、ママ友の間では“いろいろ悩まれたんでしょうね”という声があったのも事実です」(別のママ友)
 
 千野はいまでも、被害者の月命日には墓参しているというが、当事者同士の思いは複雑なものがあるだろう。

※週刊ポスト2013年10月4日号