握手

平和は常に望まれているものですが、実際に平和かどうかは国によって大きく差があります。

どこの国が一番平和なのか、調査ランキングの結果が出ていましたのでご紹介します。

エコノミスト・インテリジェンス・ユニットという調査機関が実施した、144カ国を対象にした平和な国ランキングは以下の通り。

世界の平和な国ベスト10

1位 ニュージーランド
2位 デンマーク
3位 ノルウェー
4位 アイスランド
5位 オーストリア
6位 スウェーデン
7位 日本
8位 カナダ
9位 フィンランド
9位 スロベニア

判断基準には23の項目があり、政治の安定性、テロの危険性、殺人数、人権への敬意、国内勢力間の紛争などが、順位を決める際に考慮されたようです。

世界一平和な国と評価されたのはニュージーランド。タスマニアの海を隔てたライバル国オーストラリアが19位だったこともあり、満足のいく結果だったようです。

ノルウェーやデンマークは上位にランキングされる常連国で、英国は去年より少し上昇して35位、イタリアより一つ高い程度だそうです。

米国はなんと83位で、2つの戦争、服役者の増加、多様な銃などがマイナス要因になった模様です。

逆に最も平和から遠い国々は以下のランキングになっています。

世界の平和な国ワースト10

1位 イラク
2位 アフガニスタン
3位 ソマリア
4位 イスラエル
5位 スーダン
6位 コンゴ民主共和国
7位 チャド
8位 パキスタン
9位 ロシア
10位 ジンバブウェ
イラクはこのランキングが実施されて以来、3年連続でワーストとなっています。

7位のチャド共和国は、あまり聞きなれない国ですが、中央アフリカの国です。

専門家によると、トップ20の国すべてが社会福祉の行き届いた国土の小さな国で、政治の腐敗が進んでいないと述べています。

日本はなんとか7位の座を守っていますが、これも昨今の不景気や犯罪の増加で少しずつランクが下がっているようです。

夜に女性が一人で出歩けない国にはなって欲しくないものですね。

Nothing To Do With Arbroath: New Zealand named world's most peaceful nationより

関連記事