国内徹底が惜しまれる Nokia 5800 XpressMusic

写真拡大 (全3枚)

1年で最も携帯電話が売れるクリスマスシーズン。海外市場では各社が多くの新製品を市場に投入している。それらの製品を見てみると、今年のトレンドの一つは大型ディスプレイとタッチパネル搭載だ。ではどんな製品が話題になっているのか?話題の3製品を見てみよう。

今年のクリスマスは世界的な不況の影響があるものの、各社から出揃ったタッチパネル搭載端末は意欲的な製品が揃っている。iPhoneで市民権を得たタッチパネルインターフェースは、今ではどのメーカーも採用する携帯電話UIの一つの姿になっている。

■国内撤退が惜しまれる Nokia 5800 XpressMusic
Nokiaの全画面タッチパネル端末は実に数年ぶりだ。この5800 XpressMusic(以下5800XM)はOS/UIにSymbian/S60を採用したスマートフォン。しかしXpressMusicの名前からわかるように「音楽携帯」としての機能を前面に出している。例えば3.5mmのヘッドフォンジャックは本体上部に備えられており、音楽プレイヤーライクなスタイルで利用できる。画面右上にある「XpressMusic」ボタンをタッチすればメディアプレイヤーへのワンタッチアクセスも可能だ。もちろん各操作は指先か付属のスタイラスペンで操作できる。スタイラスペンもギターのピック形をしたユニークな形状のものも付属しているなど、遊び心にも溢れている。

本体サイズも111×51.7×15.5mmとコンパクトであり、比較されるであろうiPhone 3Gよりもはるかに小さく一般的な携帯電話と変わらない。iPhone 3Gはそのサイズや質感からケースに入れて利用されることが多いだろうが、5800XMは素のままでカジュアルに使うことができそうである。タッチパネル操作の反応も悪くなく、片手だけでサクサク操作ができる。そしてスマートフォンであるためWEBサービスの利用やビジネス用途にまでも対応できるのだ。HSDPAやWi-Fiの搭載はもちろん、手書き文字入力では簡易的に日本語が書けるなど、Nokiaの日本市場撤退が無ければ日本でも発売される可能性があったかもしれない端末である。

Nokia 5800 XpressMusic

■究極のタッチパネル端末 HTC Touch HD
日本ではこの冬の新製品としてHTCのスマートフォンが各事業者から続々と登場している。独自のタッチUIを搭載し、スタイリッシュなボディーに身をまとったTouch DiamondやTouch Proは海外でもすでに先行発売されており、高い評価を受けている。そのHTCから究極のタッチパネル端末としてリリースされた製品がTouch HDだ。

Touch HDのサイズは115×62.8x12mm、146gと若干幅広で重量感がある。しかしディスプレイは3.8インチ、480x800ピクセルとiPhone 3Gよりも大型かつ高解像度であり、動画再生などマルチメディアプレイヤーとして利用するのにも最適だ。内蔵メモリ容量は少なめだが、YouTubeクライアントソフトがインストールされているなど、HSDPAやWi-Fiを利用して動画をストリーミング閲覧する用途にも向いている。

OSはWindows Mobile 6.1 Professional。エンターテイメントだけではなくビジネス用途にももちろん適している。オフィス文章の閲覧はもちろん、ブラウザを使ったWEBサービスもこれだけの画面サイズと解像度があれば快適に利用できるだろう。つや消しブラックで上品感のある本体仕上げもハイエンドスマートフォンとして相応しい外観である。日本でもぜひ発売してほしい製品だ。

HTC Touch HD

■ビジネスだけではないマルチメディアにも強いBlackBerry Storm
セキュリティーの高いPushメールサービスを提供するBlackBerryはビジネスツールとしての印象が強かったが、今年夏に発売されたBlackBerry BoldではiTunesとの連携やステレオ音楽再生に対応するなど、マルチメディア用途への対応が強化されている。"Pushメールマシン"から"何にでも対応するスマートフォン"へとBlackBerry端末もその用途が広がりつつあるようだ。

この冬に登場したBlackBerry StormはこれまでのBlackBerry端末の顔とも言えるQWERTYキーボードを廃し、前面は全画面ディスプレイで覆われている。文字入力はソフトキーボード利用となるが、Stormのターゲットユーザーはメールを打つことよりも読むことが多く、そして音楽や動画を日常的に楽しみたいビジネスパーソンだろう。

もちろんメディアプレイヤーとしてはiPhone 3Gのほうが優れた機能を擁している。しかしPushメールサービスではBlackBerryに勝る端末は無い。メールの信頼性と適度なエンターテイメントを必要とするユーザーの声に応える端末がこのStormであろう。通信方式はHSDPAとWi-Fiに対応。先行して出ているBlackBerry Boldはすでに日本語に完全対応しており、来春にはNTTドコモからも発売予定だ。このStormも日本語対応、日本発売を期待したいものだ。

BlackBerry Storm

■これもオススメ!海外モバイル通信コラム
一足先にWiMAX体験 便利な韓国のレンタルサービス
海外のスマートフォンの「アクセサリ」のゲット術
iPhoneで「世界標準」のショートメール(SMS)を活用する
海外でも格安でデータ通信する方法!プリペイドデータ通信キット
海外旅行でスマートフォンを活用できる翻訳ソフト
【世界のモバイル】記事バックナンバー

山根康宏
著者サイト「山根康宏WEBサイト」