傑作SFファンタジー「エンバー 失われた光の物語」を原作にした映画「City of Ember」が今年の10月8日に全米で公開されるとのことで、Yahoo!Moviesに高画質な予告編が来ています。予告編を見る限りではかなり面白そうな感じで映像化されています。

あらすじとしては、この都市は建設されて既に200年が経過、12歳になるとくじ引きで仕事を決めて働かなくてはならず、世界は電球で照らされており、物資は不足、さまざまなものが老朽化している世界。12歳の少女リーナと少年ドゥーンは屋根裏部屋で古ぼけた箱を発見、中には暗号が入っており、二人はそれを手がかりに脱出する方法を探し出し、人々に知らせようとするが……。

再生は以下から。
City of Ember trailers and video clips on Yahoo! Movies





















・関連記事
オーストラリアが白熱電球を廃止に - GIGAZINE

地球温暖化を受けて、ついに白熱電球の製造販売が打ち切りへ - GIGAZINE

グリーンピースが1万個の白熱電球をロードローラーで破壊 - GIGAZINE

光った電球が割れる様子をハイスピードカメラでとらえた映像あれこれ - GIGAZINE

アメリカで町中の照明をLEDにする計画が進行中 - GIGAZINE

紙に火をつけられるほど強力な懐中電灯 - GIGAZINE


記事全文へ