料理があと一品欲しいという時などにも重宝する「卵スープ」。比較的手軽に作れる料理でもありますよね。

今回はそんな「卵スープ」を作る際に覚えておきたい、「卵がふわふわ」になるちょっとしたコツを紹介します。

大変な作業や特別な材料は一切なし! ツイッター上で24万を超えるいいねを集めている方法なので、参考にしてみてくださいね。

ポイントは水流

「ふわふわ卵スープのコツ」を紹介したのは、レシピなど為になる情報を多く発信しているJA全農広報部の公式ツイッターです。2020年5月、

「卵がふわふわ、天女の羽衣みたいになります。見た目も食感も段違い」

との感想とともに、とある「コツ」を動画付きで紹介すると、大きな話題に。2022年8月2日現在は7.5万リツイート、24.9万いいねがつけられています。

まずは普段通りに、溶き卵や好みに味付けしたスープを作っていきます。今回は卵を2個使いました。

スープが沸騰したら、卵をいれる前に火を止めます。

止めたら、スープを一方向にかき回し、「水流」を作ります。

そして水流があるうちに、スープと"逆回転"で溶き卵を入れていきます。

スープは黒の矢印、卵は黄色の矢印

「コツ」はたったこれだけ! 料理が苦手という人でも簡単にできます。

食べてみるとたしかに"ふわっふわ"な仕上がり。卵のダマがほとんどできず、舌ざわりがとっても滑らかでした。公式のいう「見た目も食感も段違い」は本当でした!

今回は具なしで作りましたが、ツイートによると、「具のあるスープでは卵以外の具にすべて火が通ってから、最後に溶き卵を入れてくださいね」とのことでした。

今後のご参考に!

(東京バーゲンマニア編集部 三浦香奈)