懐かしの初代「電車でGO!」がスマホでプレイ可能に! 12月発売の最新作『電車でGO!! はしろう山手線』に期待高まる

「でんしゃのうんてんしさん」――。それは多くの少年少女が憧れる職業のひとつです。しかし、現実に電車の運転士になれた人はごくわずかといっていいでしょう。そして、そんな夢破れし元少年少女の心のスキマを埋めてくれたのが、「電車でGO!」というゲームでした。

「電車でGO!」は、鉄道運転シミュレーションゲームの草分け的な存在でした。なんと、この「電車でGO!」の最新作「電車でGO!! はしろう山手線」が、初代から20数年の時を経て2020年12月3日にPlayStation®4で発売されます。ビジュアル面から操作性まで、あらゆる点でリアリティを高めてきた「電車でGO!」シリーズの最新作とあっては期待が高まるばかり。そして、新作発売の発表にあわせて初代「電車でGO!」の一部をプレイできるプロモーションサイトがオープンしているそうです。

1997年の東京・山手線はどんな世界だった…?

いやはや、初代「電車でGO!」のリリースはなんと今から23年前。なんと1997年のこと。このとき総理大臣を務めていたのは橋本龍太郎。消費税が3%から5%にアップした年です。

それはさておき、初代「電車でGO!」はいったいどんなゲームだったのでしょうか。一足先にプレイすることができたので、その様子を少しだけ紹介してみることにします。

この初代「電車でGO!」が遊べるサイトはスマホでプレイでき、運転できる区間は山手線の渋谷〜恵比寿〜目黒〜五反田の3区間です。1997年の山手線を走っていたのは、今から2世代前の車両・205系。それが画面に出てくるだけで「おお!懐かしい」と思わずひとりごと。あの当時はよく乗ったものです。

そして渋谷駅のスタート画面の左側に見えるのも今はなき埼京線のホーム。今年の6月に山手線と同じ位置に移転したので今では使われていません。

と、思い出に浸る間もなく出発進行!の声。まずはブレーキを解除。次いでマスコンハンドル(いわゆるアクセルみたいなもの)を下げると電車が動き始めます。少しずつ速度が上がり、駅を後にすると頭上を跨いでいく電車が見えます。これ、今は地下を走っている東急東横線。205系に埼京線ホームと、もうとにかく今はないものだらけの1997・東京――。ああ、懐かしや。

恵比寿駅になかなか停まれない!

電車運転シミュレーションの基本はひとつ。加速・惰行・減速です。駅間の短い山手線では、75km/hくらいになったところでマスコンハンドルを元の位置に戻して、惰行します。で、駅が近づくとブレーキを掛けて減速し、最後は決まっている停車位置にピタリと停車させます。

しかし、これが実に難しく、1回目のプレイでは圧倒的なスピードで駅を通り過ぎてゲームオーバーに。23年前にもこのゲーム、やったはずなんですけどね……。2回目は手前に停めすぎて四苦八苦しているうちに時間切れ。そんなこんなを数回繰り返して、11回目でようやくピタリと停車させることができました。

ゲームオーバーにならずに恵比寿駅に停車すれば、すぐに次の目黒駅に向かって出発です。山手線は駅間も短くて所要時間の制限がシビア。効率よく加速してブレーキを操作しなければあっというまにゲームオーバーです。目黒駅まで停車できたのは実に22回目の挑戦。でも、ここまで来ればコツを思い出したのか、五反田駅への停車は1発で成功させることができました。

ちなみに、ホンモノの運転士さんはこの作業を連日ミス無く繰り返しています。現実はゲーム以上に手厳しいもので、雨降りでレールと車輪の滑りがどうか、乗っているお客の数はどうか、そうしたことをすべて踏まえ、速度と距離を計算しながら操作しているとか。走っている車内から景色の流れる速度を見て今の速度を当てるのは、運転士にとって基本技能のひとつというから驚きです。プロってやっぱりスゴいですねえ…。

もちろん、23年前のゲームなので映像は粗目。でも、車窓に見える景色は紛れもなく山手線のそれです。懐かしの埼京線ホームや東横線、掘割から高架に登っていく五反田駅へのカーブもしかり。目黒駅の手前には、90年代に大ヒットしたトレンディドラマ「東京ラブストーリー」のあの名シーンが撮影された白金桟道橋もしっかり再現。1997年発売の初代にしてこの再現度ですから、最新作が一体どうなっているのかは気になるばかりです。

現代の「はしろう山手線」との比較動画も公開!

この初代『電車でGO!』が遊べる!運転士体験サイトでは、プレイ後に運転評価をTwitterにシェアしたり、最新作「電車でGO!! はしろう山手線」との比較動画を見ることもできます。運転操作もより快適になっていることでしょう。

初代からすべてプレイしているというヘビーユーザーはもちろん、今まで一度も「電車でGO!」をプレイしたことがない人も、慣れれば意外とかんたんに電車の操縦を体験できる伝説の名作です。東京の車窓もリアルに再現された最新作はもちろん、その前に23年前の山手線の運転も、ぜひプレイしてみてはいかがでしょうか。

――初代『電車でGO!』が遊べる!運転士体験サイトでプレイする

――2020年12月発売「電車でGO!! はしろう山手線」詳しくはコチラ

※本サイトはスマートフォン向けサイトとなります。スマートフォンからのアクセスにのみ対応しております。
※本サイトで運転できる区間は実際の初代『電車でGO!』と異なり、山手線の渋谷〜恵比寿〜目黒〜五反田の3区間です。
※スマートフォンで再現するにあたり、初代『電車でGO!』のグラフィックや機能の一部を簡素化しております。実際のグラフィックやゲームシステムとは異なります。
【動作環境】
・iOS12 以上/Safari
・Android8 以上/Google Chrome

[PR企画:スクウェア・エニックス×ライブドアニュース]