新型コロナ感染の福岡市議、クラスター発生の飲食店の利用伏せ説明

ざっくり言うと

  • 自民党福岡市議団の47歳市議が新型コロナに感染していたことが分かった
  • 7月中旬、福岡市中央区にある接待を伴う飲食店を訪れていたという
  • 同27日に陽性が判明したが、市議は当初、飲食店の利用を伏せて説明していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x