この記事をじっくり読んだ。

【画像】顔を見合わせる安倍晋三首相と河野太郎防衛大臣

「河野氏『私の発案』 ブルーインパルス都心飛行」(毎日新聞6月3日)

河野太郎防衛相は2日の記者会見で、航空自衛隊のアクロバット飛行隊「ブルーインパルス」が東京都心上空で展示飛行をしたのは、自身の発案だったことを明らかにした。以前の会見では発案者を明らかにせず、省内外から説明責任を果たすよう求める声が上がっていた。》


河野太郎氏 ©文藝春秋

「プロセスはどうでもいいだろうと思う」?

 あのブルーインパルスの飛行を知ったとき、私は「河野大臣のアイデアなんだろうなぁ」とふつうに思った。ブルーインパルスが飛んだら自身のツイッターでも盛り上がるんだろうなぁと。

※実際に「#みてくれ太郎」というハッシュタグを使って写真をアップしてほしいと呼びかけていた。

 しかし飛行の翌日、次の記事を読んで「おや?」と思った。

「ブルーインパルス感謝の“航空ショー”は誰の発案?」(日刊スポーツWEB5月30日)

《「プロセスはどうでもいいだろうと思う」フライトを直前に控えた当日の記者会見。河野太郎防衛相は概要や趣旨を説明する傍ら、誰が発案したのか問われると、こうはぐらかした。》

 ……プロセスはどうでもいい?  

 河野氏は2017年の陸上自衛隊の南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題のとき、

《日報を開示請求したフリージャーナリストに防衛省は「廃棄した」と回答したが、河野氏は行政改革の一環として日報を捜すように同省に要請。その後、日報が残っていたことが発覚した。》(「PKO日報問題に関わり 河野防衛相に期待と緊張 内閣改造」毎日新聞WEB2019年9月11日)

 情報公開やプロセスに対してこういう姿勢だった人だ。今回はそんなに発案を知られると嫌な案件だったのだろうか。私の頭の中は「#おしえてくれ太郎」というハッシュタグで一杯になった。

 批判があがると河野氏は6月1日にアップしたブログで自分の発案だと書いた。ブログというのも驚いたが、2日の会見では《「『私の発案』と言うのはやぼだと思う。私のスタイルではない」と釈明した。》(毎日新聞6月3日)

 苦しいなぁ。

 河野氏はブルーインパルス飛行は「美談」であることを前提としていることがわかる(しかも当日のフライト前の時点で)。美談だからオレが決めたなんてわざわざ言わないという感じで、釈明も美談設定にしているのだ。苦しいなぁ。

防衛省内からも説明を求める声が

 求められていたのはすり替えではなく、

《約20分にわたった異例の“航空ショー”について、省内からも説明を求める声が上がっている。》(毎日6月3日)

《防衛省幹部は「公表直前まで知らされなかった」とこぼした。》(日刊スポーツWEB・同)

 そう、防衛省からも説明を求める声が上がっていたのである。

 これを「やぼだと思う」で切り抜けようとするのは無理がある。なぜ「プロセスはどうでもいい」と言ってしまったのか?

河野太郎防衛大臣にブロックされた

 あらためて書いておきたいのは河野大臣のツイッターの使い方である。

 実は前回の文春オンラインの原稿で、ブルーインパルスについても最後に触れていた。その記事がアップされた朝。

 私は河野太郎防衛大臣にブロックされていた。

 河野氏についてはこれまでにも何回か当コラムで書いてきたしツイートもしてきた。それでもブロックされなかったのはもしかしたら10年前にライブをご一緒したことを覚えているからかな? と思っていた。

 しかし今回ブルーインパルスについて文春オンラインで書いたりツイートしたら、そのあとブロックされた。今回はこれまでとは違う特別な件だったのかと実感せざるを得ない。

 沖縄タイムスの阿部岳記者は今年2月3日に《河野太郎防衛相のツイッターを見ようとしたら、ブロックされていた。驚いた。》と書いた。

《河野氏は乱発で有名らしい。私は河野氏にコメントしたことはなく、自分のツイートで言動を批判しただけ。河野氏は批判的な利用者をわざわざ検索で見つけ出し、情報を遮断している。》(沖縄タイムス・同)

 フリーランスライターの畠山理仁氏はブルーインパルスの件について、問題点を多数ツイートした。すると、

《河野太郎さん @konotarogomameにブロックされました。Twitterでブロックするのは自由なので構いません。思い当たる理由もありません。もし、記者に対する個人的な感情で防衛大臣記者会見をオープンにしていないのだとしたら、それは公人として相応しくない態度だと私は思います。日本は王国ではない》

 ああ、なんとブロックされたか。

 驚くのは、直接絡んできたクソリプをブロックするのではなく自分でエゴサーチをして批判している人を積極的にブロックしているらしいこと。防衛大臣が専守防衛ではないのだ。

「いつの間にかブロックされていた」「何ででしょう?」

「公人がブロックOK? 河野外相ツイッター閲覧妨害」という昨年7月20日の東京新聞の記事では、

《「いつの間にかブロックされていた」「何ででしょう?」ツイッターを検索すると、こんな怒りや戸惑いが次々と見つかる。「#河野太郎にブロックされた」「#河野太郎ブロック祭り」といったハッシュタグまである。》

 と報じている。

 河野氏のツイッターは美味しいご飯を食べたとか、猫を撫でたとか、そういうツイートだけかといえばそうではない。むしろ積極的に公的な情報を載せている。新型コロナウイルス感染者情報など、誰もが知りたい情報を載せている。

 こういう使い方をしていながら、自分の気に入らないツイートをする人間をブロックするのは「情報は俺に従うやつにだけ教える」と言ってるのと同じだ。もっといえば公的情報すらフォロワー稼ぎのために発信していると思われても仕方ない。大事な情報は各機関のHPで直接調べればいいというなら、ツイッターに公的情報を載せるのも同じく不要であろう。

 このほか、河野氏は自身に関するツイートをした人を素早く見つけてコメントする返しで人気も集めているが、エゴサーチして批判する人をブロックするのと見事に表裏一体である。

 甘えてくる奴は可愛がるが、批判する奴はブロックする。驚くのはその様子を隠す気配もないことだ。

 河野太郎氏はいつ、こんな感じになってしまったのだろう。

10年前、河野氏をライブに招いた

 先に書いたように、実は私は10年前に河野氏をトークライブに招いたことがある。2010年6月8日のことだ。「3・11」の前年だったが、河野氏は電力業界の圧力を赤裸々に話した。

 私が「それだけの圧力があっても、もし河野総裁になったら電力業界に関して突っ込みを公に入れるってことですか?」と尋ねると「そうですね。突っ込みを……。事業仕分けやっちゃおうかな!」と言って会場内から大拍手を浴びた。

 ライブの最後に「じゃあ河野さんはどんなに時流が逆風でも、主張は変えないってことですね」と問うと「そうですね」「日本国の将来は私が明るくしますから! 大丈夫です!」と宣言。またも喝采を浴びていた。私は自民党にも面白い人がいるのだと思い、会って話を聞いてみてよかったと思った。

 しかしそのあとの“変節”は知られるとおり。

「入閣の河野太郎氏『脱原発』どうする ブログの公開中断」(朝日新聞デジタル、2015年10月7日)

《自民党内きっての脱原発派として知られる、河野太郎衆院議員(麻生派)が初入閣した。(中略)原発再稼働を批判してきたブログは同日夜現在で「メンテナンス中」として、閲覧できない状態になっている。》

 今回ブルーインパルス発案は自分だと明かしたのはブログだったが、そんなに大切にしているブログの記事が閲覧できなくなってしまった過去があるのだ。

 それだけではない。

権力の階段を上るたびに「変節」

「米国の核戦略を手放しで礼賛する河野大臣の答弁は、過去の発言となにもかも真逆」と外相時代に書かれている(日刊ゲンダイDIGITAL2018年2月10日「あまりに酷い変節漢 河野外相の答弁は過去の質疑と正反対」)。

 河野外相は「小型核の開発」と「核の先制使用」を打ち出したトランプ米政権の核戦略指針「核態勢見直し(NPR)」を「高く評価する」と発言した。

 しかし過去に河野氏は05年7月、小泉純一郎首相に対して核軍縮を念頭にこう主張していた。

「我々は、アメリカの小型兵器の開発についてもはっきりとしたメッセージを出すべきだと思います。唯一の被爆国として、我々日本は、より使いやすい核兵器の開発など絶対に認められない、そういう強いメッセージをアメリカに向けて今こそ出すべきではないでしょうか」(日刊ゲンダイDIGITAL・同)

 権力の階段を上るたびに変節する河野太郎。これを「持論の封印」という書き方もある。しかしそれで人々は納得するだろうか。小泉純一郎はどんなに少数派の頃でも「郵政民営化」という信念はブレずに言っていた。だから大衆から圧倒的に信用されたのではないか。政策内容はよく伝わっていなくても。

「その時点で、その場でウケる」河野氏の言説

 なので思うのだ。河野太郎は変節漢でもなんでもなく、そのとき最大限にウケる言説を探して実践していただけではないか?

 私のライブでは若い観客を前に電力会社批判などをして喝采を浴びたが、あれも政策や信念ではなく「その時点で、その場でウケる」ことを言っていたに過ぎないのではないか。ただの媚態と言っていい。

 私は先ほど河野氏のツイッターを「甘えてくる奴は可愛がるが、批判する奴はブロックする」と書いたが、よく考えれば「その時点で、その場でウケる」ことはツイッターにはぴったりだ。その有効性に気づいたのだろう。

 だから河野氏がツイッターで強気を装うほどまたしても私には媚態に見えた。なのでそれを見抜いた者や、邪魔な批判者はブロックするのではないのだろうか。

「安倍晋三首相超え」へ協力を呼びかけ

 次の記事を見てほしい。

「河野防衛相『安倍総理抜く』 フォロワー増呼びかけ」(朝日新聞デジタル4月27日)

《「安倍晋三首相超え」へ協力して――。河野太郎防衛相は26日夜、インターネット番組で、ツイッターのフォロワー数を増やすよう視聴者に呼びかけた。「ポスト安倍」をめざし、次の自民党総裁選に立候補すると公言している河野氏だけに、まずは得意のSNSで首相超えをうかがう。》

 こういう発言は一見冗談めかしているが本気度がうかがえる。

河野氏に対するふわっとした好感

 では、最後にもう一度ブルーインパルスの件に戻ろう。

 ツイッターで人気を得るだけならそれでいい。公的情報を載せるのも絶妙だ。しかしそれが前のめりすぎてブルーインパルス飛行という医療従事者へのイベントであるはずが、実は自分の人気取りだった可能性はないのか?

 だからこそ「プロセスはどうでもいい」発言が気になるし、問題だと思ったのである。

 私は河野太郎さんについて10年前にライブでの発言を客前で褒めた悔いがある。「その時点で、その場でウケる」ことを言っていた河野氏に利用されてしまったのではという後悔がある。

 今、ツイッターを見て河野氏にふわっとした好感を持つあなた、それは危険もはらんでいますよ。私は自分の体験をもとに言っています。

 私には河野太郎氏をウォッチしていく義務と責任があると勝手ながら思いました。

 これから定期的に「河野太郎研究」をやらせていただきます。

(プチ鹿島)