2005年6月11日、マイク・タイソン氏(右)はケビン・マクブライド氏に敗れた【写真:Getty Images】

写真拡大

2005年、最後の試合の相手マクブライドの今

 エキシビションマッチでの復帰が取りざたされているボクシングの元ヘビー級3団体王者マイク・タイソン氏(米国)。ボクシングのキャリアは2005年6月11日が最後だが、当時の対戦相手ケビン・マクブライド氏(アイルランド)が衝撃の秘話を明かしている。英紙「デイリーメール」が報じている。

 53歳にして15年ぶりのリング復帰が噂されているタイソン。“最後の対戦相手”の近況を同紙は「自分がタイソンのキャリアを終わらせた男だ」と見出しを打って報じている。

 現在47歳のマクブライドはボストンで樹木医をサポートする仕事に就いているといい、現役時代の晩年はアルコール依存症に苦しんだが、現在はお酒からも離れていると本人は語っているようだ。

 タイソンの復帰で再び注目を集めていることについては「タイソンが復帰することで最近自分の名前が話題になる。みんなが俺のことを、タイソンを最後に倒した男と呼ぶんだ。そのことは好きだね。あの試合をもう1度見返すってことはなかったんだけど、最近誰かがフェイスブックであの試合の動画を投稿しててね、俺はそれを見たよ」と振り返っている。

15年前を回想「とても強いパンチを打ってきたことを覚えている」

 タイソンを破ったのは15年前。マクブライドは当時32歳だった。タイソンはキャリアの晩年で全盛期からは程遠かったが、それでも戦前の下馬評はタイソンの圧倒的有利。しかし結果はマクブライドが6回TKOで勝利したのだ。

 当時を回想し、「あの日のことについては第6ラウンドにタイソンがとても強いパンチを打ってきたことを覚えている。自分の頭の中で妖精がドラムを叩いているような感覚になった。そしてしばらくして、胸元に違和感を覚えたんだ。そうしたらタイソンが俺の乳首を噛もうとしていた。『神様、マウスピースを差していてくれてありがとう』と思ったさ。俺はあやうく、乳首が1つしかないアイルランド人になるところだった」と衝撃の秘話を明かしている。

 耳をかみちぎられたイベンダー・ホリフィールド(米国)のように、マクブライドも乳首をかみちぎられるところだったというのだ。

 タイソンはこの試合を最後に現役を引退。マクブライドもこの試合の後は8試合で2勝6敗と負け越しひっそりとグラブを吊るした。あれから15年、伝説の男が上がるリングをマクブライドも楽しみにしていることだろう。(THE ANSWER編集部)