ロシアの専門家が新型肺炎になり11人を感染させる スペイン旅行隠し勤務

ざっくり言うと

  • ロシアで感染症対策責任者を務める大学教授が、新型肺炎になった
  • スペイン旅行後に罹患し、接触した11人を感染させていたと判明
  • 旅行を隠して職場復帰していたため、当局が刑事事件として捜査を始めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x