銃で16発撃たれた男性が自力で約3.2km歩き病院へ 重症だが命に別状なし

ざっくり言うと

  • 米国の27歳男性が、臀部や胸部などに計16発の銃弾を浴びた
  • その後、男性は約3.2kmを自力で歩き、病院へたどり着いたそう
  • 男性は重傷だが容体は安定しており、命に別状はない見通しだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x