10月スタートの日曜劇場「グランメゾン東京」にレギュラー出演する寛一郎(C)TBS

写真拡大

 俳優の佐藤浩市(58)を父に持ち、2017年にデビューした若手注目株の俳優・寛一郎(23)が、木村拓哉(46)主演のTBS日曜劇場「グランメゾン東京」(10月20日スタート、日曜後9・00)にレギュラー出演することが22日、分かった。映画を中心に活動してきたため、ゴールデン帯の連続ドラマにレギュラー出演するのは今回が初。“2世俳優”と言われることには「それ込みでなりましたから。覚悟しています」とキッパリ。デビューの経緯や芸名に込めた意味、今作について寛一郎に聞いた。

 9月中旬、横浜の緑山スタジオ。木村、鈴木京香(51)沢村一樹(52)と並び、レストラン店舗を作っていくシーン。「スターの皆さんの横にいさせていただいています」としながらも「いい緊張感を持ってやれています」と萎縮はない。

 木村が令和最初に出演するドラマで挑むのは、型破りなフランス料理シェフ。パリの二つ星フランス料理店を経営していたが、己の慢心から招いた重大事件により店も仲間も失った主人公・尾花夏樹(木村)が、女性シェフ・早見倫子(鈴木)と出会い、どん底から再起を図り、三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

 寛一郎が演じるのは「グランメゾン東京」の従業員・芹田公一。居酒屋で半年間アルバイトをしていたものの、インターネットに掲載された「グランメゾン東京」の従業員募集を見つけ「面白そう」と、すぐさま直感的に応募。料理に対する真っすぐな熱い気持ちを見抜いた尾花が即、採用。尾花たちの料理にかける情熱を目の当たりにし、料理人として、1人の男として成長していく。

 数々のヒット作を生み出している同局看板枠からのオファーについて、寛一郎は「小さい頃から映画が好きで、デビューしてからもずっと映画をやらせていただいて、いわば映画畑で育った僕が日曜劇場に出させていただける日が来るなんて、夢にも思いませんでした。驚きも、不安も、喜びもあります」と率直な心境。

 役作りについては「料理の職人の中で、僕だけ居酒屋アルバイトの経験しかない一般人。視聴者の皆さんも共感しやすいんじゃないかと思います。テンションが高い役で、普段の自分とは違うので、きついかなと思っていたんですが、素敵な現場で皆さんと一緒にお芝居をしたら、そんなことは全然、気になりませんでした。苦労はあまりありません」と順調そのものだ。

 「2次元の脚本から、僕たちが3次元で演じる時、どうしても整合性の取れないことがありますが、木村さんは例えば脚本上にはない『ん?』とかの一言をアドリブで入れてくれる。本当に細かいことですが、それでとてもやりやすくしてくれるんです」と舌を巻き「僕が言うのもおこがましいですが、この現場で成長して、もっと木村さんを助けていけたらと思っています」と座長へのサポートを誓った。

 同局の伊與田英徳プロデューサーは「実は、寛一郎さんと初めてお会いしたのは、三國連太郎さんの三回忌の時でした。祖父である三國さんを想い、涙しながらも、その時、来場されていた方々に丁寧に対応する彼の姿を見て、心を打たれました。演技に対する情熱がストレートに伝わってきたことも記憶しています」と寛一郎との出会いを回想。

 「今回、お願いした芹田公一という役は、未完成な若者です。そして、作品の中で大きく成長し、一人前の男になる人物です。緊張感のあるシーンに公一の人間性が加わることで、温かいシーンになることもあれば、物語の展開に大きな影響を与えるきっかけになることもあります。是非とも、寛一郎さんに演じていただきたいと思い、オファーをしました」と起用理由を説明。「寛一郎さんがこの役をどのように演じるのか、皆さん、楽しみにしていただければと思います」と期待している。