拡大戦略を続けるイオンNEWSポストセブン

イオンの純損益が43億円の赤字 客数が伸び悩み、人件費が高騰

ざっくり言うと

  • イオンの2019年3〜5月期連結決算は、純損益が43億円の赤字となった
  • 傘下企業の不適切会計問題による修正額を一括計上した影響だという
  • 営業減益に関しては人件費や電気代が高騰し、客数も伸び悩んだことが響いた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング