2位の高島彩(写真/ロケットパンチ)

写真拡大

 平成の30年間、多くの女子アナたちがテレビを彩った。今回、TVウォッチャー32人と本誌・週刊ポスト読者が、“平成最強女子アナ”を選出。ランキング入りした30人の中でも、トップ10に輝いたのは誰か──。

【写真】”花のフジ3人組”の1人、八木亜希子の若き頃

■1位・小宮悦子(60)、元テレビ朝日/1981年入社/代表的番組『ニュースステーション』

「ルックス、声質、読む技術、仕切り、切り返しなどのトーク技術、そして実績と、女子アナを評価する基準すべてを兼ね備えているのが小宮さんです」(フリーアナウンサーの長谷川豊氏)

「『Nステ』に出る彼女を見るため、飲み会を断わっていた」(62・自営業)

■2位・高島彩(39)、元フジテレビ/2001年入社/代表的番組『めざましテレビ』

「画面に映るだけで空気を変えられる最強女子アナ」(放送作家の山田美保子氏)

「“アナドル”のピークを象徴する存在です。彼女のような逸材はもう出てこないかもしれない」(女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏)

■3位・田丸美寿々(66)、元フジテレビ/1975年入社/代表的番組『ザ・スクープ』

「凛として媚びない。歯ぎれよく自分の意見を持っている。女性報道キャスターの草分け」(ジャーナリストの嶌信彦氏)

「『ザ・スクープ』で真剣にやり合うこともあったが、彼女のおかげで仕事を続けられたと思っている」(ジャーナリストの鳥越俊太郎氏)

■4位・八木亜希子(53)、元フジテレビ/1988年入社/代表的番組『めざましテレビ』

「自然体で魅力的。気を抜いている姿さえテレビ映えする貴重なキャラ」(アイドル研究家の北川昌弘氏)

「河野景子と同じで清楚系でありながら、エロさも兼ね備えていた」(コラムニストの下関マグロ氏)

「誰からも愛される人柄」(芸能リポーターの井上公造氏)

■5位・吉川美代子(64)、元TBS/1977年入社/代表的番組『JNNニュースの森』

「女性アナウンサーで初めて報道番組のレギュラーになった実力は当然のこと、局時代からラッコの研究をしたりミュージカルに出演するなど、華やかな女性アナウンサーのはしりです」(山田氏)

■6位・水卜麻美(31)、日本テレビ/2010年入社/代表的番組『ヒルナンデス!』

「親しみやすさで他の女子アナを圧倒。日テレの黄金期を支える最大の功労者でしょう」(北川氏)

「屈託のない笑顔が明日への活力となる」(58・自営業)

■7位・夏目三久(34)、元日本テレビ/2007年入社/代表的番組『あさチャン!』

「自分の感情を隠しながら、番組を冷静に進行するので安心して見ていられる。クールビューティは彼女のための言葉」(コラムニストの堀井憲一郎氏)

■8位・有働由美子(49)、元NHK/1991年入局/代表的番組『あさイチ』

「いつも自分の言葉を紡ぎ出している」(漫画家の倉田真由美氏)

「NHK女子アナの“無個性・質実剛健・良妻賢母型”という概念を覆した」(ライターの吉田潮氏)

■9位・河野景子(54)、元フジテレビ/1988年入社/代表的番組『FNNモーニングコール』

「『志村けんのだいじょうぶだぁ』では墨をかけられるなどヨゴレ役もこなしていた。女子アナブームが生まれたのは彼女のおかげ」(下関氏)

■10位・中井美穂(53)、元フジテレビ/1987年入社/『プロ野球ニュース』

「プロ野球が元気だった頃、視聴者と一緒に盛り上げた。『プロ野球ニュース』での年を経るにつれての成熟ぶりに目を細めた」(漫画家のやくみつる氏)

※週刊ポスト2019年1月18・25日号