12月25日に放送された『超踊る!さんま御殿!!サンタ美女と菅田将暉大泉洋が暴走4時間祭』(日本テレビ系)に渡辺裕太が出演し、父・渡辺徹と母・榊原郁恵のラブラブぶりを明かした。

「『背中かゆい。背中かゆいな〜』て入ってくるんですよ」

 裕太がテレビを見ながらくつろいでいると、突然、上半身裸で背中がかゆいとごねだす渡辺。

 裕太は当然、無視するも、榊原が「はいはい、どこがかゆいのかな〜」と言いながら、人差し指だけでこまめに背中をかいてあげるのだという。

 息子の前でも恥じらいなくイチャイチャする夫婦。裕太は「『最近チューしてないよね』とかも言ったりもしますからね、父親が」と語っていたが、実際、目の前でキスもしてしまうそうだ。

 息子としては、「これ、何を見させられてるんだ」と、複雑な心境を吐露していた。

 もともと渡辺は榊原の大ファンで、天井に榊原のポスターを貼るほどだった。付き合う前、榊原は後悔ばかりするような性格だったが、豪快な渡辺の性格に救われたことを明かしている。

「『俺の1番嫌いな言葉は努力だ』と言うくらいお気楽な感じでした。それである日『何でそんなに後悔するの? 終わったことは仕方ないんだし、失敗したと思ったら、それを学べたと思って礼を言えばいいじゃないか』と言われ、救われて」

 と、2016年2月1日の『日経マネー』で榊原が語っている。

 もちろん、長い夫婦生活にはケンカもある。有名なのが「赤いウインナー事件」だ。

 榊原が食事に白いウインナーを出したところ、「ウインナーは赤じゃないと嫌だ」と駄々をこねた渡辺が、家の庭に「家出」したという。そして、裕太のために買ったブランコにひとしきり乗った後、榊原に謝罪し、赤ではないウインナーを食べた。

 榊原は結婚後、料理の腕を上げたようで、子供たちには毎日、お弁当を作った。野菜を多用した料理も作った結果、太っていた渡辺もダイエットに成功したという。

 芸能界イチの円満夫婦。裕太も見習って、優しい奥さんを迎えてほしい。