フランスで唯一開業する日本人・小林智調教師インタビュー後編

前編の記事はこちら>>

 伝統と職人気質あふれるフランス競馬界に、日本から単身で乗り込み、現在、トレーナーとして活躍する小林智(さとし)師。今年のサトノダイヤモンドの凱旋門賞挑戦でも積極的にバックアップしたことで、その名前を見聞きした人も多いだろう。前編ではフランスで開業するまでの経緯を聞いた。今回は現状や今後の抱負について、話をしてもらった。


ジョッキーとやりとりする小林調教師

――フランスで開業してからも、いろいろと難しいことに直面したのでは?

小林智調教師(以下、小林) それぞれの馬を、どのレースに使ったらいいのかな、といったことですね。どんな馬場がもっとも適した馬なのか、距離はどれくらいが合っているのか……。最初の頃は仲のいい調教師さんにアドバイスを仰いだりもしていました。みなさん、本当にやさしいんですよ。各厩舎で修業していた時代も、みんな本当に親切に指導してくれましたから。

――年数を重ねることで、開業当時とは違ったチャレンジも出てくるのでは?

小林 毎日勉強です。勝ち鞍にしても、多いに越したことはないですが、それはあくまで結果なので。それよりもいかに自分たちの仕事の質を上げるか、ということですね。レースは時の運もある。競馬は一番強い馬が勝つというものではなく、強くても負けるのが競馬なので。

「調教師は謝るのが仕事だよ」と角居(勝彦)先生にも言われましたが、常にどうすればもっとよくなるかを考えていないと前に進めない。周りがそれよりもすごいことをしていたら自分が置いていかれるだけなので。

――フランスの狭い競馬社会の中で、日本人であることの難しさを感じたことはありますか?

小林 シャンティイの場合は特殊です。いや、シャンティイだけでなく、おそらくフランス競馬界における日本競馬の位置、というのが特殊なんです。アジア人が免許をとって開業したら、嫌がらせがあってもおかしくないと思いそうなものですが、されたことは1回もないんです。

 社台の吉田善哉(元社台グループ総帥)社長の時代から、シンボリの和田(共弘/元シンボリ牧場代表)さんやサクラの全(演植/元さくらコマース社長)さん、日本ホースマンクラブや、(武)豊さんがいて、みなさんが日本競馬界の信用を築いてこられた。たとえば日本の会社に請求書を出せば、5日後には支払われている。そういうことも大事なわけです。そうやって先代たちが実績を作ってきてくださった。

 こちらに研修に来る人たちも、外国に行って学ぼうという意識のある人だけにモチベーションが高いので、来たら言葉がわからないなかでも真面目に仕事をするわけです。シャンティイの競馬厩舎では、日本人が来たら嫌な顔はされません。言葉がわからなくても扱いが違うんですね。

 凱旋門賞もイギリスの馬が勝つくらいなら日本の馬に勝ってもらいたい、くらいにフランス人たちは思っていますから!

――それほどまでに日本の好イメージが。

小林 フランス競馬界の人たちが持っている日本のイメージはすごくいいです。イギリスに行ったらそれはないので、フランスでいかに日本競馬界が尊敬されているかということです。僕が意地悪をされていないのは何よりの証拠ですよね(笑)。

 なので、僕も調教師になって活動するからにはそれを守らないといけない。壊しちゃいけない、という意識は常に持っています。先人たちが作ってきてくれたものであって、自分だけじゃなく、いろいろな人の実績や思いが残っているわけですから。

 勝負服を置きにジョッキーの更衣室に行ったりすると、バレットさんが「ユタカは今度はいつくるんだ?」と僕に聞いてくれる。みんなが、豊さんがフランスに来るのを心待ちにしている。みんなが信用を作ってきているんですよね。


「熱意のある若者を応援したい」という小林調教師――フランス競馬界のしきたり、といった部分はどうですか?

小林 レース場に来たときに何か特別な作法やルールがあるわけではないですが、それは感じていくものだと思います。たとえば服装にしても、決まりがあるわけではないですが、この世界で築かれてきたしきたりへのリスペクトは必要だと思います。

――それ以外に、この世界でやっていくうえで必要な努力はありますか?

小林 周りと上手にやるのは大事なことですね。どこの世界でもそうですが、ツンツンしていたら嫌がられる。でも、僕は根がこういう(明るい)人間なので(笑)。

――ご自身で厩舎を運営されるとなると、調教師としての仕事だけでなく「会社経営」の部分も必要となります。それも大変な業務なのでは? 特にフランスではどの業界も雇用問題は難しいと聞きます。

小林 たしかに、人事のマネジメントなど仕事はたくさんありますね。うちではいま6人雇っています。フランス人を雇うのは、なかなか難しいです。会計面だけは会計士さんにお願いしていますが。とにかく社会保障費など払うものが多すぎて儲からないですね(笑)。

――もっとも難しいと言われる、馬の仕入れについては?

小林 やはり実績を積むことなんだと思います。今日使った馬(マティクス)の馬主さんは牧場をやっていて種牡馬も持っている方なのですが、僕のところにいた吉田照哉社長の馬で、マティクスと似た血統の馬がGIで3着に入ったんです。その後、その方のマネジャーが来て、「うちの馬主が馬を入れたいと言っている」と。

 結果を出すことは大事です。厩舎の評判は結果でしかないので。いくら丁寧に馬のケアをしてあげたとしても、走らないと意味がない。それから、僕はお預かりするときに感じた印象を正直に馬主さんに言うことにしています。「やってみるけれど、ダメそうだったら言うので」と。

 預託料はもちろん魅力ですが、「大丈夫」と言って預かって、1年経って結果が出ないからダメだった、と言うようでは信用を得られないので。それに、結構早い段階で見極めはつくものですから。

――調教に関してもトレーナーとして、ご自身の成長を感じていらっしゃると思いますが。

小林 それは感じています。まったく満足はしていませんが。(フランスのトップトレーナー)アンドレ・ファーブル厩舎のレースを見ていると、どうしたらああいう馬になるのか、といつも思います。3、4コーナーからおっつけていて、どう見ても手応えが怪しいのに、最後まで伸びて勝ったりするんです。調教のときに負荷のかけ方をきっちりしているんでしょうね。

 サトノダイヤモンドが4着だった今年のフォワ賞で2着だったクロスオブスターズも、休み明けだったのにしっかり(調教を)やっている。そして、しっかりやっているけれど、さらにその先も見据えた仕上げ方をしてきている。中途半端ではないんですよね。すごいです。ファーブル厩舎は。

――そうしたノウハウを培っていくには、どうしたら?

小林 試行錯誤しかないでしょうね。やってみて、うまくいかなかったらちょっと変えてみて……というのを繰り返さないと。ただ、今の時点で「正解を見つけた!」と思えることはないです、まだひとつも……(ここで長考)。

 この業界、「俺はわかっている」という人は大勢います。けれど自分は「僕はわかっている」とは死ぬまで言えないと思います。それほど難しいです。よく観察しなきゃいけないし。この業界に限らず、どの仕事でもそうじゃないかとは思いますが、特に相手がしゃべれないですから、気をつけて見ていないといけないんですね。

――これまで見てきたジョッキーの中で印象的だった人はいましたか?

小林 豊さんはやはりすごいです。豊さんのすごいところは、あのお年齢(現在48歳)でもまだうまくなること。乗り方が変わるんです。最近また変わりましたよね。

 あの実績で「俺はもう完璧」と言ってもおかしくない域にきているのに、まだ努力を続けてうまくなろうとしている。あんな人はいないでしょうね。頭の中が超一流のスポーツマンなんだと思います。

――振り返ってみて、いまの自分があるのは何が大きいと思いますか?

小林 最初の一歩を踏み出したこともそうですが、その後も、前に進む気がないと、どこに行ってもダメだと思うので、そこじゃないかと思いますね。まだまだ行きます! まずは重賞で勝つことが目標ですね。

――フランスで日本人調教師として厩舎を開業するという前人未到の偉業を実現したわけですが、自分が「パイオニア」であるという自負はありますか?

小林 一番だからやってやろう、というのはありました。逆に1人目じゃなかったらやらなかったです。1人目であるということのアドバンテージはやはりありますから。

――ふだんの生活スケジュールを教えてください。

小林 朝は6時から仕事で12時半くらいまで調教します。午後は4時から6時くらいまで、馬房掃除とエサ付けや治療です。調教スケジュールは夜のうちに準備するときもあれば、朝行ってやるときもあります。レースは週にだいたい3日くらいですね。

 日曜は原則的には休み、ということにしていて、出勤したスタッフには休日手当を支給しています。でも、僕は毎週出ています。月曜にもレースがあったりするので、その馬には乗らないといけないですから。

 7歳と2歳の子供がいますが、朝も早いし帰ったら寝ているときもあるので、会えないときも多いですね。でも、子供の顔が見たくてなるべく早く帰るようにはしています。

――前に、「好きなことをやっているので下積み時代からつらいと感じたことはない」とおっしゃっていましたが。

小林 毎日楽しいです。趣味が仕事のようなものですから。自分のしたい仕事をしている人は、世の中にひと握りしかいないと思うんです。でも、そうでない人でも実はしたい仕事ができたかもしれない。自分のしたい仕事をできているということは幸せと思わなくては、と僕はいつも思っています。「好きこそものの上手なれ」です。

 いままでいろいろな人にお世話になって僕はここまでこられた。なので、今は若い人が新しいものを勉強したくてフランスに来たときに、教えてあげるのが僕の使命だと思っています。今まで受けた恩は、返さないといけない。

 聞いた話なのですが、受けた人に恩を返すのが「恩返し」ですが、いただいた恩を、誰か別の人に返す、「恩送り」という美しい言葉が昔の日本にはあったそうです。今の僕は、「恩送り」もしなくてはいけないと感じています。

*    *    *

 学生時代のバイト先で牧場との”縁”が見つかったり、研修旅行でたまたま道を聞いたのが超有名厩舎の厩務員だったり、フランスの重鎮を紹介してもらえたり、ちょうど武豊ジョッキーがフランスにいたりと、小林調教師のキャリアには、幸運な縁が積み重なっている。

 しかし、”偶然”に見える縁を引き寄せたのは、小林調教師自身の強い意志と努力だ。牧場時代に海外研修に行かせてもらえたのも、キーパーソンの紹介などサポートが受けられたのも、彼の懸命な働きぶりややる気、熱意が、「この人のために何かしてあげよう」という周りの気持ちを動かした。

 小林調教師は、そんな自分のキャリアを軽やかに明るい笑顔で話す。

「好きなことをやっているので、苦労には感じないんです」

 まだ、挑戦は始まったばかり。いずれ小林調教師に鍛えられた馬が、凱旋門賞に出走し、制する日を楽しみに待ちたい。

■競馬 記事一覧>>