飲食店が店内で提供する料理のテークアウトやデリバリー品を消費者と仲介するサービスが拡大している。10月に消費税は10%に増税となるが、店内で飲食しない持ち帰りや宅配は軽減税率が適用され8%に据え置かれる。これを機に夢の街創造委員会の「出前館」や「ウーバーイーツ」のほか、LINEなどのIT大手、スタートアップ企業も同サービスに参入して市場をさらに押し広げる。こうした中食仲介は何社が生き残れるのか。