コペン 10th アニバーサリーエディション 2WD

写真拡大

ダイハツ工業は、2002年6月発売の軽オープン・スポーツカー「コペン」が2012年8月末で生産を終了するのにともなって、特別仕様車「10th アニバーサリーエディション」を、2012年4月2日に全国発売した。

充実した特別感、プレミアム感

「ACTIVE TOP COMPACT OPEN」をコンセプトに、誰もが気軽に楽しめる本格的オープン・スポーツカーとして誕生した「コペン」は、軽唯一の電動開閉式ルーフの採用や、「持つ喜び」を感じる個性的なデザインなどが特長で、現在までに累計で5万6000台を超える販売を記録している。

今回発売する「10th アニバーサリーエディション」は、従来のアクティブトップをベースに、アルミスカッフプレートカバー(10thアニバーサリーロゴ、シリアルナンバー付き)を特別装備しているほか、アルティメットエディションSに設定されているブラックメッキフロントグリルや本革製スポーツシート(ブラック<レッドステッチ>)を採用するなど、特別感、プレミアム感をあわせ持ちつつも、お買い得感のある特別仕様車になっている。

メーカー希望小売価格は、5MTが182万円、4ATが180万円。