『鬼滅の刃』の人気キャラ・冨岡義勇が使う技の名前が「凪(なぎ)」

写真拡大

 ベネッセコーポレーションの妊娠・出産・育児ブランド『たまひよ』は4日、2020年1月〜2020年9月に生まれた新生児19万7940人を対象にした、名前や名前の読み、漢字などについての調査結果を発表。『鬼滅の刃』の人気キャラ・冨岡義勇が使う技「凪(なぎ)」が、男女とも急上昇していることがわかった。

【画像】どう読む?流行の「名前ランキング」一覧 あの『鬼滅の刃』ワードも

 2005年から毎年、赤ちゃんの名前に関する調査結果を発表している「たまひよ名前ランキング」。今年は、男の子は「蓮」(主な読み「れん」)が3年連続、女の子は「陽葵」(主な読み「ひまり」)が5年連続1位となった。男女ともに人気上位に大きな変動はないが、「陽」「結」など、コロナ禍を受けてか、「あかるさ」や「つながり」など未来への願いを込めた名前が順位を上げた結果となった。

 また、2019年から急上昇した名前として、「凪」が男女ともに急上昇。コロナ禍、ジェンダーレス、話題のドラマなど世相を反映コロナ禍による社会の混沌さからか、「平穏」や「穏やか」といった意味合いを持ち、男女ともに急上昇した点から、ジェンダーレスな名前として多くの人に選ばれたと推察される。

 また、話題のドラマ『凪のお暇』、『私の家政夫ナギサさん』(※読み「なぎ」として)、人気漫画『鬼滅の刃』の登場人物・冨岡義勇が使う技の名前として「凪(なぎ)」が登場することなどから、「2020年に人々が目や耳にする機会が増えた漢字であったことも影響しているのかも知れない」と分析した。

■男の子の名前全体ランキング(トップ5)
1位:蓮(れん)
2位:陽翔(はると)
3位:蒼(あおい)
4位:樹(いつき)
5位:湊(みなと)

■女の子の名前全体ランキング(トップ5)
1位:陽葵(ひまり)
2位:結菜(ゆいな)
3位:莉子(りこ)
4位:芽依(めい)
5位:紬(つむぎ)

■男の子の名前急上昇ランキング(トップ3)
1位:凪(なぎ) 今年順位26位、昨年順位92位
2位:葵(あおい)
3位:琉生(るい)

■女の子の名前急上昇ランキング(トップ3)
1位:凪(なぎ) 今年順位20位、昨年順位60位
2位:柚葉(ゆずは)
3位:咲茉(えま)