滋賀県、コロナ対応で過労死ライン超えが延べ140人 月239時間の職員も

ざっくり言うと

  • 滋賀県は職員延べ140人が過労死ラインを超える時間外勤務をしていたと発表
  • 月80時間以上も時間外勤務していたそうで、うち1人は8月に239時間に達した
  • 新型コロナ対応に当たった職員が中心で、県は対策を取るとの考えを示した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x