Wi-Fi 6ってなに? これから選ぶならWi-Fi 6対応モデルがオススメな理由

写真拡大 (全3枚)

パソコンの周辺機器を買い替えるタイミングは、いつ?
多くの人は、パソコン本体を買いかえた後くらい。
そんな人が多いのではないでしょうか。
マウスやフラッシュメモリ、プリンターなどの「USB」接続機器は、故障しない限りは買い替えません。

さらに買い替え頻度が少ないのが「Wi-Fiルーター」です。
Wi-Fiルーターは、使えているのでそのまま使っていることが多い機器の代表格といえます。

そんな「Wi-Fi」ですが、
コロナ禍で、テレワークや在宅勤務が増えて、自宅でパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも利用することが増えています。

そして最新のスマートフォンでは、
「Wi-Fi 6対応」を売りのひとつに掲げているモデルも登場してきています。

ところで、この「Wi-Fi 6」とはなんなのでしょうか?


○Wi-Fi 6はWi-Fiの最新規格



Wi-Fi 6はWi-Fiの最新規格です。
別名として「IEEE 802.11ax」という呼び名もありますが、これをわかりやすく「第6世代のWi-Fi」と区別して呼びやすくしたのがWi-Fi 6です。

何気なく利用しているWi-Fiですが、今まで互換性を保ちながら数年毎に新しい規格に変更され、通信速度が向上しています。

最新のWi-Fi 6では、最大10Gbps弱と、ここ2〜3年で提供する事業者の増えてきた「10Gbpsの光ファイバー」との組み合わせでも損失なく高速な通信が使えるようになっています。

また、現在主流のWi-Fiは「Wi-Fi 4」か「Wi-Fi 5」となり、それぞれ最大1〜2Gbps弱の通信速度となっています。
一般的な光ファイバーの通信速度は最大1Gbpsなので、今でも十分といえます。

ではなぜ「Wi-Fi 6対応」が強みになっているのでしょうか。


○なんでもWi-Fiで繋がる時代、Wi-Fi 6は「より繋がりやすい」
スマートフォンにタブレットはもちろんのこと、ここ数年は多くの家電でもWi-Fiに対応し、インターネットに繋がることで便利に利用できるようになっています。

例えば、筆者宅では各部屋にスマートスピーカーとスマートリモコンを設置していて、それぞれがWi-Fiに繋げて、音声やスマートフォンのアプリから、エアコンや照明、テレビの電源操作ができたり、部屋の湿度に応じ加湿器や除湿機を自動で動かしたりといった使い方ができています。

最近は一人暮らしでも、スマートフォンやパソコン、テレビ、AmazonのFire TV Stickなど、10台前後の機器を同時にWi-Fiに繋げていることも珍しくありません。ちなみに筆者宅は調べてみたところ、全部で50台近い機器がWi-Fiに繋がっていました。

さて、こうしてなんでもWi-Fiに繋がる生活に慣れてしまうと、
もしWi-Fiが使えなくなった場合、不便さは以前の比になりません。

しかもWi-Fiは電波という目に見えないものなので繋がらなくなった場合、原因や解決法が、わかりにくいのが厄介なところです。

そこで登場するのがWi-Fi 6です。

Wi-Fi 6は、目に見えない電波を今まで以上に効率よく利用する仕組みが取り入れられています。
もちろんWi-Fi 6に対応したWi-Fiルーターと、それに対応した機器でなければこうした進化した便利さは活かせません。

とはいえ今後、スマートフォンやパソコン、家電なども徐々にWi-Fi 6に対応していくことは間違いありません。


○普及価格帯のWi-Fi 6ルーターが続々登場
Wi-Fi 6は登場したばかりの最新規格です。
Wi-Fi 6対応ルーターの価格は、既存製品の倍近くすることも珍しくありません。

初対応した製品が発売されて1年ほどが経過し、普及価格帯のWi-Fi 6対応ルーターも登場する予定です。




例えば国内メーカーのバッファローは今夏以降、3機種のWi-Fi 6対応ルーターを発売予定です。
既に発売済みの最上位モデルを含め4機種にラインナップが拡充され、もっとも安価なモデルは1万円前後になる予定です。

もっとも安価なモデルでも通信速度は理論値で最大1Gbpsを超えるため、多くの光ファイバー回線との組み合わせでも速度問題もありません。それでいて繋がりやすさが向上するといったWi-Fi 6のメリットも得られます。

「Wi-Fi 6対応」ルーターは、
これから選ぶWi-Fiルーターとして最有力の製品となっていくでしょう。

特に現在、自宅で仕事をするテレワークが推奨され、自宅でパソコンをWi-Fiに繋いで仕事をする機会も増えています。
自宅でWi-Fiを利用する頻度がますます高まっていくだけに、
今後、Wi-Fi 6対応ルーターを検討してみてはいかがでしょうか。


執筆 迎 悟