吉本興業が段階的に劇場再開、まずは2劇場から

写真拡大

吉本興業は5月28日、全国の劇場を段階的に再開していくと発表した。6月6日から、よしもと漫才劇場(大阪・難波)とヨシモト∞ホール(東京・渋谷)で無観客公演を開始し、インターネットでの配信(有料)を行う。

新型コロナウイルスの影響により、吉本興業は劇場での公演をすべて休止していたが、5月25日に全国で緊急事態宣言が解除されたことを受け、劇場の再開を決定。

6月6日の2劇場のあと、6月19日からは、なんばグランド花月(NGK、大阪・難波)、ルミネtheよしもと(東京・新宿)、よしもと幕張イオンモール劇場(千葉・幕張)を加えた5つの劇場において、感染防止対策徹底のもと観客を入れ、7月12日まで金土日の週3回公演を実施する計画だ(※他の曜日は無観客公演)。

その後の計画や、地方の劇場などについては、順次、状況をみながら柔軟に判断していくという。