「4月分の家賃はいらない」と語る大家の男性(画像は『NBC New York 2020年4月1日付「‘Don’t Worry About Paying Me’: NYC Landlord Waives Rent Because of Coronavirus」』のスクリーンショット)

写真拡大

米ニューヨーク州ブルックリン区に18棟のアパートを所有する男性が、約80室の入居者200人以上に「4月分の家賃を免除する」と宣言し、注目を浴びている。男性は「今はみんなの健康が一番大切。家族や愛する人の心配をして!」と語っており、「彼こそヒーロー」との声があがっている。

新型コロナウイルス(COVET-19)の感染拡大により、アメリカの失業保険申請は先月15日から2週間で1000万件に達するなど過去最悪を記録している。ロックダウン(都市封鎖)により外出が制限され、ホテルや飲食店、小売業など仕事をしたくてもできない人が次々と解雇され、多くの人が経済的に困窮する事態になっているのだ。

そんななか、米国内でも最も感染者数が多いニューヨーク州に住む男性が先月30日、ブルックリン区に所有する18棟のアパートの入り口に、次のような貼り紙をした。

「COVID-19のパンデミック(世界的大流行)により、私たちみんなが影響を受けている。このため私は、2020年4月分の家賃を免除することとした。どうか無事で、隣人を助け、手を洗って欲しい…。ありがとう、マリオより」

ニューヨーク市ブルックリン区ウィリアムズバーグからグリーンポイント一帯に、個人経営の店舗を含む18棟のアパートを所有しているのはマリオ・サレルノさん(Mario Salerno、59)で、約80室の入居者(テナント)は200人を超える。マリオさんはウィリアムズバーグで生まれ、父親が1959年に始めた自動車修理店「Salerno Auto Body Shop」とガソリンスタンドを受け継いで財を成した。

『NBC New York』のインタビューに応じたマリオさんは、今回の決断を下したきっかけについてこう語った。

「ここ10日ほどだよ。『今のままでは4月分の家賃を払えない』という電話をたくさんもらってね。私にとって一番大切なことは、みんなが健康で、家族を養っていけるということだ。家賃の支払いよりも、今は隣人や家族の心配をしてもらいたい。ただそれだけさ。」

カメラに向かって淡々と語るマリオさんだが、温かく誠実な人柄がよく伝わってくる。地元メディアは、経済的に問題がない人たちは通常通りマリオさんに支払いを済ませていること、入居者の約30%がマリオさんの申し出を受け取ったことを明かしており、マリオさんに救われた入居者たちの嬉しい声も拾っている。

「経営している美容院は閉鎖するしかなかったの。本当にありがたいわ。彼はスーパーマンよ。」―ケイトリン・グッテスキィさん(Kaitlyn Guteski)

「毎月ギリギリの生活をしているの。小売店での仕事を失い、パートでナニーをしていたわ。だから貼り紙を見た時は、肩の重荷が下りたような、そんな気持ちだったの。」―ローレン・ブロッジーニさん(Lauren Broggini、29)

「3つのパートをしているわ。ヨガやピラティスを教えていて、プライベートの生徒もいたけどこの3週間で仕事がかなり減ったの。だから本当に助かったわ。マリオさんとは2年以上のつきあいになるけど、みんなに好かれているの。毎年クリスマスにはサンタになって近所の子供たちにプレゼントをあげているの。」―ロビン・シモンズさん(Robin Simmons)

なお最近行われた調査によると、ニューヨーク市ではアパートに入居する約40%が4月の家賃を支払うことができないほど困窮しているという驚くべき結果が出ている。大家にとっても大変な時期であるのは間違いないが、それでもマリオさんは「私は大丈夫だ。私はこの街で成功したひとりだ。今はお金のことは問題じゃない。お互いに助け合って、このパンデミックを乗り切ることだ」と話している。

ちなみにマリオさんは、2012年にニューヨークを大型ハリケーン・サンディが直撃した時も、地元に多大な貢献をしたとしてニュースで取り上げられていた。『NBC New York』のキャスターはそんなマリオさんのことを「スーパーマリオ」と呼び称賛している。

画像は『NBC New York 2020年4月1日付「‘Don’t Worry About Paying Me’: NYC Landlord Waives Rent Because of Coronavirus」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)