真価見せられず引退の西武・大石達也 剛腕を壊した「真犯人」

ざっくり言うと

  • 早大時代抑えでMAX155キロだった西武の大石達也が戦力外通告を受けた
  • 球団OBいわく、1年目に先発転向させた首脳陣の判断ミスだという
  • 大石は長年、右肩痛に悩まされていて入団当初から兆候はあったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x